パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

「パパ活では本名を名乗るべきなの?本名を伝えるのはリスクありそうだし偽名の上手なつけ方知りたい!」

 

パパ活をするときの不安要素のひとつに、本名がばれてしまって個人情報がすべて伝わってしまうことがあります。

とはいえ、いざ偽名を作ったところちゃんと使いこなせるのか、パパに呼ばれた時にちゃんと反応できるかなども不安ではありませんか?

 

  • パパ活では本名を名乗るべきなのかな?
  • パパ活で本名を伝えてしまうリスクには何があるんだろう?
  • 不自然にならない偽名の上手なつけ方を知りたい!

 

などなど、パパ活では本名を名乗るか偽名を使うかなどについて、疑問や不安が思い浮かぶ方もいらっしゃることでしょう。

そういう訳で今回は、パパ活では本名を名乗るべきか名乗らない方がいいのか知りたい女性に向けて、その疑問や解決策についてお話ししていきたいと思います!

 

本名を名乗るリスクや上手な偽名の付け方、個人情報を聞かれたときのうまいかわし方などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目次

パパ活で本名を名乗らない人が多い!ニックネームがおすすめな理由とは?

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

基本的には、パパ活をする際に女性側は本名を名乗らずに偽名で活動することが多いのです。

では、ニックネームや偽名で通すべき理由などについて次のポイントを確認してみましょう!

 

  • インスタやフェイスブックなどのSNSがバレて交友関係を知られる
  • 中高生パパ活女子だと「学校にバラす」と脅迫されてしまう
  • 独身パパに本気で恋されるとストーカー化する恐れがある
  • パパ活ではラインの名前をニックネームや偽名にする女子も多い
  • パパ活アプリは本名ではなくニックネームで活動しよう

 

本名を明かすリスクと、バレないための対処方法をしっかりチェックしていきます。

 

インスタやフェイスブックなどのSNSがバレて交友関係を知られる

 

まず、本名は名乗らずにあだ名を使うのはInstagramFacebookなどのSNSで特定を防ぐ意味合いがあります。

今の時代、名字と名前を検索すると、友人のアカウントなどを経由して自分の交友関係が知られてしまうというリスクが多分にある時代です。

 

Facebookなどは本名で登録することもあるでしょうし、そこから身バレする可能性は否定できませんよね。 

例え自分自身が本名で登録していなかったもしても、Twitterなどの投稿で友達が自分の名前をツイートしていたりしたらそこから特定される恐れもあるのです。

 

たまたまパパに「この前の休日は○○に行った」と話したことから、検索されて見つかる可能性もないとはいえませんよね。

SNSが広がっているご時世、一体誰がどこで自分の名前を使ったかなどを全て把握していることは不可能ですし、フルネームをパパ活で使うのは絶対に避けるべきでしょう。

 

中高生パパ活女子だと「学校にバラす」と脅迫されてしまう

 

上記の理由からも分かる通り、特に学生時代のSNSでは友人同士で気軽に相手のことを投稿して、そこから身バレするリスクが高いと言えます。

中高生のパパ活女子の場合、そこから更に学校名などもパパに発覚し脅迫される恐れがあるのです。

 

SNSはたとえ自分の友達向けに発信していても、あらゆる人が見ているものですよね。

「アカウントにはカギをかけているから大丈夫」といっても、返信などから名前がわかるケースもあるのです。

 

そして、パパの中には脅迫などをする人も紛れていることは十分考えられます。

もし、名前も学校も知られていて「パパ活していることを学校にバラす」というような脅しを受けたらどうなるか考えるだけで恐怖ですよね。

 

自分の思いに反した条件でパパ活させられてしまったり、希望していない体の関係を強要されたりするかもしれません。

そのため名前は使わない方が絶対に安全と言えます。 

 

もちろん、本当にパパ活していることを周たりにバラされてしまって、周りから白い目で見られたり最悪の場合は退学処分などを受けたりすることも予想されますね。

  

独身パパに本気で恋されるとストーカー化する恐れがある

 

パパ活は、疑似恋愛のような側面もあります。

お互いのことを知るようになり、デートや体の関係を重ねるうちにどちらかが恋してしまうことは少なくありません。

 

個人情報を知りたがるのは、女性の本当の名前などを把握することで相手より優位に立てる気持ちになったり、特別な存在になれたような気がする男性が多いからでしょう。

もし、本名を知られた状態で独身パパから本気の恋愛対象として見られてしまった場合に困ることがありますよね。

 

自分にその気が全くないのにしつこくアプローチを受けたり、ストーカー化する恐れがある訳なのです。

ニックネームでやり取りしていれば、お互いにある程度の距離感も保てますし、勘違いをさせることも少ないでしょう。

 

ところが本名でやり取りしていると、パパ活以上の情が湧いたり本当の友達や知り合いと同じ立場だと相手に勘違いされたりするかもしれません。

パパ活はあくまでもビジネスですから、相手に勘違いさせないようにすること、相手が勘違いしてもすぐに距離を置けるようにしておくことも必須です。

 

パパ活ではラインの名前をニックネームや偽名にする女子も多い

 

パパ活で真剣に稼ごうとしている女子達の中には、パパ活専用のスマホを使ってLINEの名前やニックネームを偽名にしておくという人も多くいます。

これは、とても賢いやり方ですよね。

 

例えば、普通の会社員でも仕事用の電話は会社支給の業務端末から発信することを徹底しプライベートのものは決して使用しないというのが一般的です。

情報漏洩を防ぐためだったり、お客さんからストーカー被害を受けないようにしたり、仕事とプライベートをきっちり区別するためでもあります。

 

パパ活も同じで、もしひとつのスマホでパパ活もプライベートもやり取りするとすれば個人情報が洩れるリスクが増えるのは当たり前です。 

1台のスマホで、プライベート用のLINEをパパ活にも使う為に偽名に変えると不都合が生じます。

 

どうしても家族や友達、会社の人ともやり取りするので、下手なあだ名だと当然不審に思われますよね。

本名からかけ離れていては、リアルな知り合いから「どうしてそんなニックネームに設定しているの?」と言われるでしょう。

 

カンのいい人からは「なにかよからぬことをしているのでは?」と疑われる可能性は十分あります。

とはいえ、パパ活でもLINEのやり取りをすることはあるでしょう。

 

本アカウントのLINEを知られるのに抵抗がある人は、パパ活に使用するだけのアカウントを作りましょう。

そちらのアカウントはニックネームにしておけば、あとは本アカウントとパパ活専用アカウントの使い分けするだけなので便利です。 

 

うまくカモフラージュすれば、パパがニックネームを本名だと勘違いして、こちらをもっと信頼してくれる可能性もありますからオススメですよ。

 

パパ活アプリは本名ではなくニックネームで活動しよう

 

パパ活女子が、パパ活アプリを利用するのであれば、本名ではなくニックネームで活動することを強く推奨したいと思います。

この場合のニックネームは、いわば源氏名に近いと言い換えることもできますね。

 

ニックネームを活用するオススメの方法としては、次の方法があります。

例えば本名が「ユミ」さんで、源氏名として「ミユ」と名乗るとしますよね。

 

そうしたら、パパ活アプリ上でのプロフィールには、「ミユミユ」や「M」「みゅう」などの連想しやすいものにしておくのです。

もしもパパに「本名はなんていうの?」と聞かれたときに「ミユです」と名乗れば、一貫性もありますし偽名っぽさもなくなりますよね。

 

パパ活アプリごとにニックネームを変えてもいいですが、このようにしっかりと源氏名を統一しておくと混乱することも減りますよ。

その他、パパ活アプリだけに留まらずLINEのパパ活用アカウントの名前、マッチングアプリや交際クラブなども同じように登録しておくことをおすすめします。

 

設定を忘れにくくなりますし、信ぴょう性も増すので便利です。

 

パパ活で本名以外の個人情報を聞かれたら?対処法をご紹介

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

ここでは、パパから名前以外の個人情報を尋ねられた時の対処法やかわし方などについてレクチャーしたいと思います!

個人情報を把握されると、思いがけないトラブルに発展するリスクがありますよね。

 

それ以外にも、女性の個人情報を悪用する為に収集している業者が紛れ込んでいるかもしれず、安易に情報を伝えるのはNGです。 

 

  • 住んでいる場所や最寄駅はトラブルの可能性大!市区町村など大体でOK
  • 学校名を答えるのが嫌なら「仲良くなってから教えます」と伝えよう
  • 会社名を答えるのが嫌なら職種を伝えるのがおすすめ
  • 誕生日や年齢だけなら大丈夫!本名と揃うと個人を特定されやすい

 

住んでいる場所や最寄駅はトラブルの可能性大!市区町村など大体でOK

 

まず、パパから住んでいる場所や最寄り駅を尋ねられたら要注意です。

中には送りたいという親切心や、ドライブ時の待ち合わせに知りたいと思う男性もいるかもしれませんが、やはり容易に住まいに関する情報は伝えない方が良さそうですね。

 

何かパパとの間で関係が拗れた時に、待ち伏せされたり家を突き止められたりという恐怖に怯えなくてはなりません。

もし聞かれたとしても、市町村などをざっくり答えるだけで構わないでしょう。

 

自分の住まいだけでなく、実家や家の住所、よく使っているお店や、学校や職場についても同様にトラブルの原因となります。

パパに知られないように気をつけたいものです。

 

学校名を答えるのが嫌なら「仲良くなってから教えます」と伝えよう

 

学生さんパパ活女子の場合、通っている学校をパパから尋ねられることもあるかもしれません。

他にもどんな学科なのかや何を勉強しているのか聞かれることもあるでしょうが、答え方に困りますよね。

 

嘘をついても、その学校について知らなければすぐにボロが出そうです。

かといって簡単に本当のことを教えてしまって友達にバレたり、学校に来られたりしても怖いですしね。

 

そのような場合は、シンプルに「仲良くなってから教えます」とだけ伝えておきましょう。

パパよっては、ただの話題作りの一つに聞いただけかもしれませんし、次のデートには忘れていることもあるものです。

 

デートを重ねて特に問題がなければ、何の勉強をしているかくらいは教えてもいいでしょう。

そもそもやり取りしていて違和感があればフェードアウトしてしまえばいいですね。

 

パパ活初心者は聞かれたときに反射的に答えてしまうかもしれないので、学校名を答えるのが嫌ならそのかわし方も準備しておくことをおすすめします。

 

会社名を答えるのが嫌なら職種を伝えるのがおすすめ

 

社会人パパ活女子の場合に、会社名を絶対にパパに教えたくないという人も多いかと思います。

社会的ステータスの高いパパだと、女性の職業や会社についても気になるようですが、女性は職場を知られてメリットになることはまずありませんよね。

 

会社名まで教えてしまうと、最悪の場合には会社バレして退職を余儀なくされるケースもあるのですから、慎重にならざるを得ません。 

それなのにパパからお仕事について尋ねられたら、職種だけやんわりとお伝えすることをオススメ致します。

 

それなら嘘をつくわけでも無いですし、話が噛み合わないこともなくなりますね。

しかし仕事内容などは、詳しく話さないようにしましょう。

 

思いがけないところから、会社がわかってしまう恐れがあります。

社会人経験が長い、それなりに地位のあるパパならちょっと聞いただけで会社名などが分かる場合もあるので注意してくださいね。

 

誕生日や年齢だけなら大丈夫!本名と揃うと個人を特定されやすい

 

パパに対して個人情報を伝えるとき、誕生日や年齢だけならそこまで神経質に構える必要はないでしょう。

ただしこれらの情報が本名と揃って知られてしまうのと一気に危険性が増すので、その点だけお気をつけください。

 

ニックネームでうまく活動しても、パパの方もあの手この手を使って本名以外にも個人情報を知りたがるかもしれません。

世の中には、よっぽど珍しい名前でもない限りは同姓同名なんて普通に存在します。

 

ところが、同じ年齢で誕生日まで同じということは奇跡に近い確率になってしまいますので、パパからも特定されやすくなります。

パパ活で年齢を聞かれたりすることはもちろんあると思うので、そこまで嘘を塗り重ねる必要はありません。

 

年齢を偽ってしまうととっさに年齢を誤魔化しきれなくなってしまったり、後々大変な思いをしたりするかもしれません。

ただしフルネームとセットで相手に伝わらないように気をつけておきましょう。

 

パパ活でうっかり本名や住所が知られてしまう原因とは?

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

ちなみに、パパ活している時に、ついうっかりと本名や住所が知られてしまうことはあるのでしょうか?

男性側が故意に名前や住所を調べることもあるでしょうし、こちらの手違いやミスで漏らしてしまうこともあるかと思います。

 

パパに本名や住所などが漏れてしまう原因や対処法について次のポイントを事前に確認しておきましょう!

 

  • 男性がタクシー配車アプリを使うと住んでる場所がバレやすい
  • ホテルでシャワーを浴びてる時にスマホや財布を見られる
  • お手当を銀行口座に振り込む時!パパ活では現金先渡しが基本
  • Amazonの欲しいものリストでユーザー名を変え忘れた

 

男性がタクシー配車アプリを使うと住んでる場所がバレやすい

 

パパ活が終わったあとに、夜遅くてタクシーを呼んでくれるパパも多いかと思います。

もちろん、交通費をパパが持ってくれるのでパパ活女子にとっては嬉しいところですよね。

 

しかし、タクシーを利用する際に注意して欲しいのが、タクシー配車アプリの存在になるのです。

タクシー配車アプリは、タクシーをその場に呼べたり、支払いもパパの登録しているカードで引き落としてもらえたり便利です。

 

しかしどこまで走行したのかや、走行距離もログとして残ってしまいます。

勘のいいパパなら、タクシーアプリの履歴などで、大まかにでもパパ活女子の住んでいる場所の特定をしてしまうでしょう。 

 

もし、配車アプリでタクシーを呼んでもらったら、家から少し離れた場所で降ろしてもらって徒歩で家に帰るのがおすすめです。

または、家で降ろしてもらった後にメーターを止めずに少し流し運転して欲しいと運転手に伝えておくのが良いでしょう。

 

そうすれば、かなりの確率で家の特定までは防げます。

 

ホテルでシャワーを浴びてる時にスマホや財布を見られる

 

パパと大人の関係を持つようになれば、ホテルで2人きりの時間を過ごすこともあるでしょう。

この時にも、気を抜くことのないように個人情報の管理を徹底すべきです。

 

なぜなら、シャワーやトイレに立っている間に、お財布などから個人情報を盗み見るパパが存在するからです。

他にも、スマホを見てTwitterInstagramのアカウント名を控えたり、運転免許証や学生証などを写真に残されたりする被害は後を絶ちません。

 

いくら信頼出来そうでも、パパが簡単に盗み見れるようなところに個人情報を放置するのは危険な行為であることを改めて感じてください。

慣れてくると、つい気が緩みやすいので注意が必要です。

 

シャワーを浴びたり、トイレに立ったり際も、女性ならバッグを持っていっても不自然さはありません。

とにかく財布とスマホは肌身離さないようにして、管理を徹底しましょう。

 

お手当を銀行口座に振り込む時!パパ活では現金先渡しが基本

 

お手当てを銀行口座に振り込んでもらう時も、危険性が高いタイミングと言えます。 

なぜなら、銀行振込で口座を教えると、まず確実に本名がバレてしまいますよね。

 

パパ活をしていれば、お手当てを銀行振込にして欲しいとお願いされることがあるでしょうが、基本的には現金先渡しを貫くのがオススメです。

それに、銀行口座というものは基本的に居住地や勤務先の近くの支店でしか作れないので、生活範囲も推測されやすくなってしまいます。

 

しかも、銀行振込は確実に記録が残るやり取りなので、第三者からパパ活を疑われた時やら後々パパから脅された時に言い逃れが難しくなるのです。

現金手渡し以外の方法は、他にも未払いで逃げられるようなトラブルにも巻き込まれやすく、個人情報の漏出と合わせてリスクの高い行為だと認識しておきましょう。

 

Amazonの欲しいものリストでユーザー名を変え忘れた

 

パパ活女子や裏垢女子達の中には、Amazonの欲しいものリストを有効活用している方も多いのではないでしょうか。

パパによっても、大きめのプレゼントなどは直接Amazonで郵送してあげると申し出てくれることもあるので、是非活用したいサービスのひとつです。

 

ところがここで、Amazonアカウントのユーザー名を変え忘れるという失態をしてしまう方もいるんですね。 

Amazonの画面にログインした時にトップページに自分の本名が記載されていたら、それはレッドカードです。

 

欲しいものリストの項目にもその名前が記載されるので、本名バレは避けられません。

アカウントリストのアカウントサービスから表示される名前を変更することが出来るので、必ずパパにリストを送る前に変更しなくてはなりません。

 

パパ活で本名を名乗るのはどんな時?タイミングの見極めが大切

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

ここまで、パパ活では個人情報を守り抜くことや、本名は使わずにニックネームでやり取りすることを強くオススメしてきした。

ですが、パパ活においては本名を伝えざるを得ない状況や本名を名乗るタイミングがあるのも事実です。

 

名前を名乗るタイミングがいつなのか、さらにタイミングを上手に見極める3つのコツを伝授したいと思います!

 

  • 何回も会って信頼できる人物だと思えたとき
  • 一緒に旅行に行くほど深い関係になったとき
  • 家を借りてもらうなど契約を行うとき

 

何回も会って信頼できる人物だと思えたとき

 

まずは信頼関係がしっかりできたら、パパに本名を伝えてもいいかなというタイミングです。

何回も会っていて、その人が信用しても問題ない人物だと思えたのであれば、ずっと嘘をつき続ける必要もないでしょう。

 

女性にとって、精神的にも本名を名乗る方が身構えなくて済みますし、パパも信頼してもらえて嬉しいはずです。

パパが免許証などを見せてくれて自分の情報をしっかり教えてくれた、どこの会社に勤めているか教えてくれたなどはいいタイミングですね。

 

一緒に旅行に行くほど深い関係になったとき

 

他にも、パパと一緒に旅行に行くようなほど深い関係になった場合もフルネームを伝えて差し支えないでしょう。

旅行に行くというのは、ほぼプライベートに近い時間を共有するということです。

 

それに、旅館やホテルを予約するときなど、宿泊施設に名前を伝えないといけない場面もあるかと思います。

ここで、偽名を使ってしまったことで後々何かトラブルが起きた時に厄介なことになるのは目に見えていますよね。

 

旅行に行ってもいいかなと思えるほど信頼している相手になら本名を前もって伝えてあげましょう。

 

家を借りてもらうなど契約を行うとき

 

太パパの中には、女性のために家を借りてくれたり、女性に代わって契約などをしてくれたりすることもあります。

この時は、さすがに偽名を使うという訳にはいきませんよね。

 

文書偽造などで、偽名を名乗ったほうが処罰されるリスクもあります。

それに、契約などを代替わりしてもらう関係性に発展しているなら今更本名を名乗ってもリスクになることは少ないでしょう。

 

パパ活は本名でなくニックネームでOK!名前の付け方のコツを紹介

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

本名を名乗るタイミングをお話ししましたが、本来パパ活は本名ではなくてニックネームで何も問題ありません。

多くのパパ自身もあまり自分のことは言いたがらないものですし、既婚者であることなどもうまく隠しているかもしれないのでおあいこなんです。

 

では、そんなニックネームはどんな感じで作るのがいいのでしょうか。

名前の付け方のコツや、パパに覚えてもらいやすいポイントを3つご紹介します!

 

  • 「あ行」か「A」から始まる名前!ラインの画面に上位表示されやすい
  • 本名に近い名前!かけ離れすぎた偽名だとパパに引かれてしまう
  • 人気の女優やアイドルの名前!パパとの会話の話題作りにもなる

 

「あ行」か「A」から始まる名前!ラインの画面に上位表示されやすい

 

名前のはじまりが、「あ行」や「A」から始まっている名前がオススメです。

なぜなら、LINEなどの連絡帳の画面で上の方に表示されやすくなるからなのです。

 

目にとまる頻度が上がれば上がるほど、単純接触の効果であなたに愛着をもってもらいやすくなりますよね。

表示される頻度が高ければ、「連絡しよう」という気持ちにもなりやすいのです。

 

本名に近い名前!かけ離れすぎた偽名だとパパに引かれてしまう

 

次にオススメなのは、本名に近い名前をニックネームにすることです。

あまりにもかけ離れた名前だと、パパからも引かれてしまうかもしれませんよね。

 

例えば、食べ物の名前やアニメや誰もが知っている漫画のキャラクター名などは、パパの印象はあまり良くなりません。 

「どう考えても偽名だな」と思われるとパパがしらけてしまうでしょう。

 

それに、街中で呼ばれることも想定しておかないと、いざパパから呼ばれたのに反応できないなんてミスにも繋がりかねませんよね。

自分の名前に近くて、それでいて偽名っぽさの薄い、ちょうど良い名付け方を研究しましょう。

 

人気の女優やアイドルの名前!パパとの会話の話題作りにもなる

 

あとは、人気な女優さんやアイドルの名前を使用するのもひとつの方法です。

明らかに偽名ではあるものの、話題作りとしては申し分ないでしょう。

 

例えば、自分が似ていると言われる女性の名前なら、パパからの期待値も上げられますしね。

 

まとめ

パパ活では本名を名乗るべき?本名を伝えるリスクと偽名の上手な付け方を紹介

 

今回は、パパ活をするとにの本名やニックネームの使用について、また個人情報の取り扱いに関する注意点などをお話ししてきました。

記事の要点をまとめると次のようになります。

 

  • パパ活ではニックネームで活動して、本名は教えないのが基本
  • 本名がバレると個人情報が知られ脅しやストーカーなどトラブルのリスクがある
  • パパに聞かれたら住所は市区町村どまり、学校名は仲良くなってから教えると伝える
  • 会社名を答えるのが嫌なら職種を伝えるのがおすすめ
  • 誕生日や年齢だけなら大丈夫だら、本名と揃うと個人を特定されやすい
  • 個人情報バレはタクシー配車アプリやホテルでのシャワータイム、Amazonの欲しいものリスト
  • お手当はパパ活では現金先渡しにして本名がバレる銀行振り込みにしない
  • 本名を教えていいタイミングは信頼関係ができたときや旅行にいくとき、家を借りてもらうなど契約時
  • ニックネームはラインの画面に上位表示されやすい「あ行」か「A」から始まる名前
  • かけ離れた偽名は引かれるので、本名に近い名前をつける
  • 話題作りになる人気の女優やアイドルの名前はおすすめ

 

パパ活をするときは本名を明かさずに偽名で活動し、個人情報の取り扱いには細心の注意を払うようにしましょうね!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次