パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント!

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント!

「パパ活をすると『失うもの』があるって本当?パパ活をして後悔しないようにするにはどうしたらいい?」

 

パパ活をしているP活女子の中には、大金を稼いでいる人も多い一方、長く続けていることで後悔したという人も少なくありません。

お金を得る代わりに失うものがあるとなると、パパ活をするのも億劫になってしまいますよね。

 

  • パパ活で失うものがあるって本当なの?
  • パパ活で後悔することっていったい何?
  • パパ活で後悔しやすい女の子ってどんな子?

 

など、パパ活に対する不安や心配があるのではないでしょうか。

そういうわけで今回の記事は、パパ活で失うもの・後悔することは何か?という疑問に回答していきます。

 

さらに、実際にパパ活をしなければ良かったと後悔している「元P活女子」のリアルな声もご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

パパ活で失うものって何?P活女子がパパ活に感じたデメリットを紹介

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント! 

 

パパ活を初めてするときは、誰もが「お茶だけ」「食事まで」「大人の関係は絶対にしない」など慎重に考えていると思います。

しかし、実際しばらく続けていくと、少しずつ自分で決めたルールが曖昧になっていくことがあるんです。

 

周りのP活女子が「大人ありで〇万円稼いだ!」などと自慢しているのを聞いて、つい自分もやってしまったという人も少なくありません。 

基本的にパパ活で後悔しているのは、健全ではなく「大人の関係あり」で濃厚なパパ活をしているP活女子。

 

という事で、まず最初にパパ活で失ってしまうものや、パパ活のデメリットについてご紹介していきます!

 

同年代の友だちと価値観が合わなくなる

 

パパ活を始めると、まず大人のドロドロとした欲深い一面を知ることになります。

性的な欲を満たすために大金が動くというのは、その人の価値観や感覚に大きな影響を与えるものです。

 

普通の生活では分からなかったダークな世間の実態に触れることで、同年代の友だちと価値観が合わなくなるというケースが頻繁に起こります。

普段通り過ごしていても心の中には「自分は周りの子とは違う」と言う焦燥感なども生まれてしまうんです。

 

すると、以前のようなピュアな気持ちに戻ることはできなくなってしまうでしょう。

パパ活女子のメイン層は10代後半から20代の若い世代の女の子が多いため、『貴重な青春時代』を失ってしまうことに繋がるということです。

 

金銭感覚が狂いやすく、金遣いが荒くなる

 

またパパ活で最も懸念されるのは、金銭感覚が狂いやすいことです。

基本的にP活女子はお金の遣い方が非常に荒くなってしまうと言われており、同年代の他の子とは大きく変わってしまいます。

 

パパ活では1時間程度の顔合わせだけでも相場は5,000円、食事デートなら一気に2~3万円も稼げてしまいますね。 

さらに大人の関係を持つと1回で数万円もお手当があり、ブランドバッグや高価なアクセサリーをもらえることも珍しくありません。

 

中にはパパ活1ヶ月で100万円近く稼ぎ出す女の子もいて、お金の有難みや大切さを忘れてしまうことがあります。 

一度金銭感覚が狂ってしまうと、元の堅実な生活に戻るのは難しいでしょう。

 

自由に使えるお金が欲しくてパパ活がやめられないという悪循環に陥ってしまうことも少なくないのです。

 

アルバイトや昼職への就職が馬鹿らしくなる

 

パパ活は楽しいことばかりではありませんが、それでも稼げる金額が大きいことで普通のバイトや仕事よりも効率的だと考える人もいますね。 

1日のパパ活でバイト1ヶ月分の金額当を手にすると、普通の仕事が馬鹿らしくなってしまうことも多いです。

 

上司や先輩に叱られてわずかなお金を稼ぐよりも、楽しくパパと遊んで数十万円もらえることを比べると、パパ活に依存してしまう女の子が多いのも無理はありません。 

それに若いうちからパパ活で稼いでいたとしても、歳をとれば稼ぎにくくなってしまいます。

 

30代になって職に就こうとしても、「自分にはスキルや知識・経験が何もない」といった状態になってしまうでしょう。

その結果、そこそこ綺麗なおばちゃんとして昼の仕事ではなく水商売を始めてしまう人が多いんです。

 

パパ活を経験したことにより、自分の人生の将来設計が大きく変わってしまうケースもあるわけですね。

 

同年代の一般的な男性と恋愛する熱意がなくなる

 

パパ活では基本的にお手当をもらって男性とデート・疑似恋愛・肉体関係になるケースが一般的。

パパとなる男性の身分や職業はさまざまで、年上のお金持ち多いです。

 

このような年上男性の裕福な経済状況を目の当たりにしてしまうと、同年代の一般的な男性では物足りなさを感じてしまうようになります。 

無意識で「男性が奢ってくれて当然でしょ」という気持ちが強くなっていくんです。

 

たとえば、パパ活では飲食代やデート代はすべてパパが支払いますが、同年代の男性なら割り勘になることもあるかもしれません。

本当はそんな気がなくても、「あ、奢ってくれないんだ」とふと考えてしまうということ。

 

もちろん相手に伝えることはありませんが、自分の変化に驚いてしまう女性も多いのです。

また記念日のプレゼント代が大きく違ったり、エスコートしてくれる内容に不満を抱いてしまったりするシーンもたくさん出てきます。 

 

お金持ちのパパと交際することで自分自身もハイクラスな人間になった気分になり、通常の恋愛観を失ってしまうので注意が必要でしょう。

 

愛のあるセックスを信じられなくなる

 

パパ活で失うものはそれだけではありません。

お手当をもらって大人の関係を持つことで、愛のあるセックスを信じられなくなってしまいます。

 

本来セックスは愛する人だけとする大切な行為ですが、パパ活では愛などまったく存在しません。

ただパパの欲望を満たし、その対価としてお金を得るだけです。

 

このようなパパ活を繰り返していると、自分を心から大切にしてくれる男性が現れたとしても、その気持ちを信じることができなくなってしまうでしょう。 

冷めたセックスしかできなくなると、おそらく恋人ができても長続きしません。

 

そうなれば通常の恋愛観や結婚観まで変わってしまい、女性としての幸せを感じにくくなってしまうかもしれませんね。

 

一般的な貞操観念を失い、金銭の絡まないセックスに抵抗を感じる

 

さらにパパ活で大人の関係を持っていると、一般的な貞操観念を失ってしまいます。

セックスという行為が非常に軽いものに思えてしまうのです。

 

やがて金銭の絡まないセックスに対して「時間の無駄」とか「どうしてタダでセックスしないといけないの?」という感情が芽生えてしまいます。 

通常の愛のあるセックスには金銭は絡まない、という当たり前の感覚が抜け落ちてしまうのは怖いことです。

 

実際、夜の仕事を始めてしまう女の子はパパ活や援助交際を経験した人が多い傾向があるので、ぜひ覚えおくといいでしょう。

 

強姦などのリスクや梅毒などの性病にかかる危険と隣り合わせ

 

大人の関係を持つ濃厚なパパ活をしていると、健康な体も失ってしまう恐れがあります。 

パパ活で不特定多数の男性と性的な関係を持つことで、強姦のリスクや性病にかかる危険が非常に高くなるのです。

 

強姦は心身共に男性恐怖症やセックスのトラウマになるばかりではなく、望まない妊娠のリスクもあります。

また梅毒などの性病は完治するのに時間がかかり、通常の恋愛や結婚にまで悪影響を及ぼすかもしれません。

 

他にもパパ活では暴力による傷害被害、誘拐、監禁、殺人など怖い事件が多発しています。 

これらの危険性を考えると、パパ活に安易に手を出すのは非常にリスクが高いと言わざるを得ません。

 

パパ活がバレることで親や友人からの信用がなくなることも

 

パパ活で失うものは金銭感覚や貞操観念、健康だけではありません。

もしパパ活がバレると、親や友人など大切な人達からの信用がなくなってしまう可能性もあります。

 

最近のパパ活は明るく楽しいイメージですが、内容は昔の援助交際と同じです。

お茶や食事だけならともかく、大人の関係を持つパパ活をしているのがバレると、周りの自分を見る目は絶対に変わります。

 

最悪の場合は、大切な人達が完全に自分から離れてしまうかもしれません。

実際にパパ活がバレて彼氏にフラれてしまったP活女子もいるくらいですから。

 

後になって「パパ活なんてやめておけば良かった」と後悔しても取り返しがつかないケースは非常に多いのです。

 

パパ活で失うものって何?P活女子や周囲のリアルな体験談と意見

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント! 

 

パパ活は勢いに乗って稼いでいるときは気分も高揚しているため、後悔するわけがないと考えがち。

しかし少し年齢を重ねて、パパ活をやめてから過去の自分の行動を後悔している人が多いのが現実です。

 

ネット上の「Yahoo!知恵袋」や「Twitter」では、元P活女子やその周りの人達によるリアルな体験談や意見がたくさん投稿されています。

という事で、ここではその一部を紹介していきますね。

 

~失うもの~ ●人としての品格 ●旦那さん、お友達(バレたら高確率) ●金銭感覚(人による)

※引用:Yahoo !知恵袋(パパ活 失うもの)

 

p活で体売ったこと、後悔しかしてない死にたい

※引用:Twitter(パパ活 失うもの)

 

最近、Tinwith(退会済)で繋がった女の子達からパパ活や男と遊びすぎていて性病貰いまくって後悔してるって連絡がくるんやけど、心配になるようなことするなら辞めたらええのに…って思う。健康が1番の資本とはこの事で、健康体でなければ遊べないし、稼げない。まだ若いなら懲りて欲しいけどね

※引用:Twitter(パパ活 失うもの)

 

 

パパ活アプリ、私もやってたけど今となっては後悔してる…まさか顔晒されるなんて思ってなかったし。削除依頼?とかどうしたらいいんだろ。もっと早く交際クラブに出会ってればよかった…(今更だけど)安易に全世界に顔面晒すの危険だよ…

※引用:Twitter(パパ活 失うもの)

 

そう言えば私の処女は高校生の時に初めてのパパ活でなんかいい感じのこと言われて騙されてパパに捧げたなぁ。今考えたらなんであんな事で騙されたんだろうって思うけど当時の私は本気で、今でもすごい後悔してる。

※引用:Twitter(パパ活 失うもの)

 

いかがでしょうか、生々しい後悔の気持ちが切々と綴られているのが分かるかと思います。

 

P活女子の中にはお金で体を売ってしまった人や、どこの誰かも分からないパパに初めての経験を捧げてしまった人もいます。

取り返しのつかない行為を非常に悔やんでいるようです。

 

さらにパパ活アプリで顔写真を掲載したことで晒されてしまい不安を感じ続けている女の子もいます。 

一度ネットに画像や動画が晒されてしまうと、いろんな場所で拡散されて完全に消去するのは難しいかもしれません。

 

パパ活では確かに短期間で大金を稼ぐことは可能ですが、お金の代わりに失ってしまうものはあまりに大きいのが現状のようです。 

同じような後悔をしないためにも、パパ活は決してノーリスクではないことをしっかり意識しておくことが大切です。

 

パパ活で失うものが多い・後悔しやすいP活女子の特徴は?

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント! 

 

ここからは、パパ活で後悔しやすい女性の特徴をご紹介していきます。

パパ活で失うものやリスクについてお話ししてきましたが、すべてのP活女子が絶対に後悔してしまうというわけではないんです。

 

  • 周囲に流され、なんとなくパパ活を始めた
  • 押しに弱く、NOと言えない性格
  • リスクに対する危機感が薄い
  • 反省せず、人のせいにすることが多い
  • 傷つきやすく、すぐに落ち込む

 

パパ活で後悔しやすい女の子には、上記のような共通する特徴がいくつか見られます。 

これらの特徴のどれか、もしくは複数に身に覚えがある方はパパ活以外の方法で稼ぐことも検討してみてください。

という事で、それぞれの特徴を詳しくみていきましょう!

 

周囲に流され、なんとなくパパ活を始めた

 

まずは周囲の友だちなどに流されて、なんとなくパパ活を初めてしまった人です。

自分の意思ではなく周りに流されてパパ活をする女の子は、パパ活の怖さをよく理解しないまま行動している可能性があります。

 

パパ活は今やめずらしいものではなく、友だちや知り合いから誘われるケースも多いですよね。 

例えば「大金が稼げるよ」「すごく簡単で誰でもできるよ」などと甘い言葉で囁かれて、つい誘いに乗ってしまう人もいるでしょう。

 

しかし。よく考えないままパパ活をしてしまい、大人の関係まで持ってしまうと後で絶対に後悔する可能性が高くなります。

だからこそ、パパ活をするならしっかり自分で考えて行動することが大切なんです。

 

押しに弱く、NOと言えない性格

 

優しい性格で押しに弱い女の子もパパ活には向いていません。

というのも、パパに無理なことをお願いされても「NO」が言えない性格の人は、不本意な関係を強要される恐れがあるからです。

 

当然ですが、この場合も断れなかったことに自己嫌悪になってしまい、身も心も深く傷ついてしまうことになるでしょう。 

遊び慣れているパパとの交渉は予想以上に難しく、はっきり嫌なことは嫌だと言えないと、後悔する可能性が高くなってしまいます。

 

自分がNOと言えない性格だと自覚しているなら、パパ活以外の稼ぎ方を検討してみるといいかも知れません。

 

リスクに対する危機感が薄い

 

リスクに対する危機感が薄い人もパパ活は絶対にしてはいけません。 

ここまで読んで、パパ活は決して安全に楽して稼げるものではないことはお分かりいただけたかと思います。

 

しかし、実際のパパ活デートではもっと他にもいろんな危険が潜んでいます。

状況に応じて臨機応変に対応しなければいけませんし、どれだけ慣れているパパでも危機感を持って接する必要があります。

 

自分はまだまだ危機感が薄いと感じる人は、何が起こるか分からないパパ活はすべきではありませんね。

 

反省せず、人のせいにすることが多い

 

さらに何かトラブルや被害に遭ったときに、自分の行動を反省できない人もパパ活はやめた方がいいでしょう。

まだ心が成長しきっていない未熟な年でパパ活に手を出すべきではありません。

 

パパ活で何かあったときに人のせいにするようでは、この先もっと大きなトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。 

このような人は、あえて危険があるパパ活はしないで堅実にお昼のバイトなどで地道に稼いでいく方が安心でしょう。

 

傷つきやすく、すぐに落ち込む

 

パパ活は傷つきやすくて繊細な人もおすすめしません。

傷つきやすく落ち込んでしまうような人は、はっきり言ってすぐにメンタルが病んでしまいます。

 

パパ活ではお手当をもらってデートをするため、相手のパパによっては雑な扱いをしてきたり暴言を吐かれたりすることもありますよね。 

そんなときに毎回ひどく落ち込んでいると、ストレスから鬱になってしまう人も出てくるかもしれません。

 

お金が稼げてもメンタルが病んでしまうのは大問題です。 

パパ活はどちらかと言えば精神的にタフで、ストレス耐性が強い女の子の方が向いていると言えます。

 

つまり年齢が若く、まだまだ擦れていない人はパパ活をするのはよく考えた方がいいということですね。

 

パパ活で失うものを少なくするために!後悔しないパパ活のポイント!

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント! 

 

パパ活は女性なら誰でも稼げるチャンスがありますが、リスクがあって性格などで向いていない人もたくさんいます。 

ここまで読んでみて、「それでもパパ活を続けたい!」という人は、よほどの覚悟がある人でしょう。

 

何も考えずにパパ活をしている女の子よりも、しっかり信念を持って行動している人ではないかと思います。 

ここからはパパ活を続けていく上で、将来的に後悔しないためのポイントについてお話ししていきますね!

 

自分の中でパパ活をする目的をはっきり決める

 

パパ活をするときは、自分がなぜパパ活をするのか目的をはっきり決めておくことが重要です。

決して周りの人に安易に流されて行動してはいけません。

 

おそらくパパ活をする人の多くはお金が欲しいというのが目的でしょう。

それももちろんOKで、なんとなくパパ活をしている人よりも明確な意志が感じられます。

 

お金を稼ぐことが目的だとしっかり認識していれば割り切った行動もできますね。

小さなことで悩まなくなりますし、必要以上にストレスを溜め込んでしまうこともないでしょう。

 

ゴールや貯める目標金額を決め、達成できたらきっぱりやめる

 

お金を稼ぐことが目的の場合は目標金額を決めておくのがおすすめです。 

たとえば「旅行代金が貯まったらやめる」「100万円貯めたらやめる」と明確にしておくことで、パパ活からきっぱり卒業することができます。

 

パパ活で一生食べていくことは難しいので、基本的には一時的なお小遣い稼ぎになりますね。

特に大人の関係を持つパパ活については、リスクを考えるとあまり長く続けるべきではありません。

 

たくさん稼げるようになるともっと稼ぎたいという欲が出てきますが、その欲に負けてしまうとパパ活から抜け出すことが難しくなってしまいます。

パパ活を始めるときは、あらかじめきちんと最終的なゴールを決めておき、「今やめるともったいない」などと考えないように気をつけてください。

 

稼いでいる他のパパ活女子と比べない・張り合わない

 

パパ活をしていると他のパパ活女子がいくら稼いでいるのか非常に気になるものです。

ツイッターなどには1回で何十万稼いだという体験談なども投稿されているので、やっぱり見てしまいますよね。

 

しかしパパ活は相手のパパやデートの内容によってお手当の金額は大きく変わります。

たまたま太パパを捕まえた女の子と比べても、自分も同じように稼げる保証はありません。

 

あまり他のパパ活女子のことばかり気にしていると、どんどん過激なデートにハマってしまう恐れがあります。 

パパ活は自分にできる範囲を決めて、決して周りの子と張り合わないことが大切です。

 

一般的な相場などは知っておいた方がいいですが、それ以上についてはあまり他のP活女子のSNSやブログは見ない方がいいかもしれませんね。

 

同年代の友だちとの繋がりを大切にし、バランス感覚を養う

 

パパ活を続けていると一般的な価値観を失ってしまいやすいです。 

よって通常のバランス感覚を維持しておくためにも、同年代の友だちとの繋がりは大切にしておくべきですね。

 

そして自分の感覚が周りの子と少しズレていると感じたら、すぐにでもパパ活を中止した方がいいでしょう。

バランス感覚のズレは早い段階であれば修正することも可能です。

 

自分で気付かなくても誰かに「おかしいよ」「変だよ」と言われたときは、逆切れしないで素直にその警告を受け入れることが重要です。

 

パパ活中は無駄遣いを控える

 

パパ活で大金を稼げるようになると金銭感覚も狂ってしまう人が多いです。

普通の金銭感覚を維持するためには、パパ活中も質素倹約で無駄遣いを控えることが大切ですね。

 

稼いだお金はしっかり貯蓄や当初の目的のために使うことを徹底した方がいいでしょう。 

パパ活女子はお財布に大金を入れているケースが多いですが、できれば必要のないお金は簡単に使えないように厳重に管理するのがおすすめです。

 

年齢に見合わない高級ブランドバッグやアクセサリー、パパの真似をして高級外食店など、無駄遣いをしないように十分注意してください。

 

同年代の一般男性とお付き合いする

 

パパ活中も普通の感覚を失いたくない場合は、同年代の普通の一般男性とお付き合いをするのも大事です。 

普通のカップルとして過ごすことで、パパ活で出会うパパのような人ばかりではないと理解しておくのがポイントですね。

 

お金で女の子とデートをするのは、ごく一部の男性です。 

ただし一般男性とお付き合いしながらパパ活を続ける場合は、決して彼氏にバレないように慎重に行動しなくてはいけません。

 

パパ活をしていることがバレてフラれてしまうP活女子はとても多いのです。 

彼氏に絶対にバレたくない場合は、やはり早々にパパ活を卒業した方がいいでしょう。

 

個人情報の管理など、リスクに対する危機感を持つ

 

パパ活を後悔している元P活女子の体験談にもありましたが、個人情報の拡散や漏洩も注意が必要です。 

個人情報が相手のパパや不特定多数の男性に知られてしまうと、予想外のトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

 

個人情報とは電話番号や住所だけではありません。

次のような情報から身元が特定されてしまうケースもあります。

 

  • 自宅の住所や電話番号
  • フリーアドレス以外のメール
  • LINEのアカウントの登録名やタイムライン投稿の内容
  • SNSの登録情報や繋がり
  • 顔写真や自宅周辺の風景写真
  • 企業や学校の制服
  • 最寄り駅や最寄りのバス停
  • よく利用するお店の名前

 

うっかりこのような情報を伝えてしまうと、相手のパパがストーカーになってしまったり、知らない人から声をかけられたりする恐れが出てきます。 

もし大きなトラブルになってしまったときは、引っ越しや連絡先の変更などを余儀なくされるかもしれません。

 

個人情報の管理に対する危機感は絶対に忘れてはいけませんね。

 

嫌なことははっきり「NO」と言う強さを身につける

 

パパ活では基本的にすべての行動は自分が責任を負うことになります。

嫌なことははっきり「NO」と言える強さを身につけることも大切です。

 

経験豊富なパパに上手く誘導されないように毅然とした態度で接し、場合によっては連絡を完全に断ち切る意志の強さも必要でしょう。

自分の性格が明らかにパパ活に向いていないと思う人は、最初から興味本位でパパとお茶や食事などもするべきではありませんね。

 

後で後悔することがないように、しっかり自分自身の身を守ることを第一に考えてください。

 

安全性の高いパパ活サイトやアプリを活用する

 

パパ活で後悔するのは、主に悪質な地雷パパに出会ってしまった場合が多いです。

なるべく後悔しないようにするためには、安全性の高いパパ活サイトやアプリを活用することも大切ですね。

 

基本的に男女共に無料で使えるアプリには地雷パパが多いと言われています。

というのも、誰でも登録できるサービスというのは身分を偽って登録することができるので、男女共に質が悪くなる傾向があるから。

 

24時間の運営体制だったり、登録時に審査があるサービスなら、ある程度パパ活に理解がある男性が多く登録しているので、比較的安心することができます。

具体的には、以下の3つが安全管理もしっかりしていて、太パパも見つけやすいので非常におすすめです!

 

①:ペイターズ

  • 会員数200万人突破
  • 24時間365日の監視体制
  • 公的証明書による本人確認あり
  • インターネット異性紹介事業届け出済み
  • 個人情報保護方針の策定
  • データ通信では最高レベルのセキュリティ「EV SSL」を採用

 

②:シュガーダディ

  • 会員数100万人以上
  • 24時間365日の監視体制
  • 公的証明書による本人確認あり
  • インターネット異性紹介事業届け出済み
  • SSL」による通信の暗号化による厳重なセキュリティ
  • 男性会員は公的書類による年収証明あり

 

③:Love&(ラブアン)

  • 会員数100万人以上
  • 24時間365日の監視体制
  • 公的証明書による本人確認あり
  • インターネット異性紹介事業届け出済み
  • サクラや業者の徹底した取り締まり
  • 男性会員は公的書類による年収証明あり
  • トラブル回避のため過度に加工した画像や動画の非承認

 

上記のアプリでは他にも悪質なユーザーの通報やブロック機能などもしっかりしており、安全に利用することが可能です。

パパ活をするならぜひこのような安全管理のしっかりしたアプリをメインに活用してみてください。

 

パパ活は後悔する前に集中して稼いだらサクッと辞めるのもおすすめ!

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント!

 

大事なことなので繰り返しになりますが、若いうちからパパ活をして大金を稼ぐ経験をすると、どうしても周りとの金銭感覚がズレてしまいます。

けれど、実際に金銭感覚がズレるまで大金を稼いでいるパパ活女子はほんの一握りです。

 

多くの女性は、短期間で集中してパパ活をしてサクッと辞める、という賢い稼ぎ方をしています。

その間はパパ活をしていることを周りに隠したり、自分の軸を見失わないように気をつけることで、後悔することなく活動することが重要です。

 

そもそもパパ活で後悔をしたくないのであれば、別の手段で稼ぐことも検討してみてください。

パパ活というのは本来、「食事やデートなど一緒に過ごす時間を提供する代わりにお手当をもらう行為」なので、短期間で楽しみながら稼ぐことをおすすめいたします!

 

まとめ

パパ活で失うものって何?パパ活で後悔しないために大切なポイント! 

 

パパ活で失うものや、後悔しないためのポイントについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

カジュアルなお小遣い稼ぎに見えるパパ活も、実はたくさんのリスクが潜んでいるんですね。

 

この記事でお話ししたパパ活のリスクについて、最後にもう一度確認しておきましょう。

 

  • パパ活は年齢相応の価値観、金銭感覚が、貞操観念が狂いやすい
  • 普通の恋愛ができなくなる
  • 健康上のリスクや精神的なトラウマを抱えてしまうことも多い
  • 家族、友人、恋人にバレたときのリスクが大きい
  • NOと言えない性格ならやめておくべき
  • パパ活をするならゴールや目標を決めておく
  • あらゆる点で一般的なバランス感覚を維持しておくことが大事
  • 安全なパパ活アプリなどを利用してなるべく未然にリスクを回避すること!

 

今パパ活をしているP活女子も、これを機会に将来絶対に後悔しないように自分の行動をもう一度ゆっくり考えてみてくださいね!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次