パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法

 

「パパ活で盗撮される危険があるって本当なの?手口と被害に合わない方法を知っておきたい!」

 

パパ活では盗撮される危険があるのですが、盗撮被害は「大人の関係のデート」で起こっています。

お茶や食事だけのデートだけでなく、大人の性的な関係を持つデートになることも多いのがパパ活ですよね。

 

  • パパ活で盗撮される危険があるって本当なの?
  • パパ活の盗撮の手口は?
  • 盗撮されないためにはどうすればいいの?

 

など、盗撮を防ぐことができなければ安心してパパ活をすることはできませんよね。

ということで、今回はパパ活における盗撮の実態や怖い手口についてお話ししていきます。

 

さらに記事では盗撮の被害を未然に防止する方法や、実際に被害に遭ってしまった時の対処法なども詳しくお伝えしていきますね!

 

目次

パパ活で盗撮される危険があるって本当?実は最近被害が増えている!

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法 

 

「パパ活で盗撮」と聞くとプロの犯罪集団などを想像しがちで、一般人の自分には関係ないと思う人もいるかもしれません。

実は普通の人でも盗撮の被害に遭うケースが増えています。

 

まずはパパ活における盗撮被害について詳しく、次のポイントを確認していきましょう!

 

  • パパ活での盗撮被害は増加傾向
  • 盗撮の理由①:ネット上で拡散するため
  • 盗撮の理由②:P活女子の弱みを握って脅すため

 

盗撮被害に合わないためにも、ぜひチェックしてみてください。

 

パパ活での盗撮被害は増加傾向

 

最近は普通の人を狙った盗撮被害が増えるのに比例して、パパ活での盗撮被害も増加傾向にあります。 

特にパパ活女子の場合は大人の関係を持つデート、つまりパパと性的な接触をする時に盗撮されることが多いようです。

 

パパ活で大人の関係を持つ時は慎重に相手を選んでいるパパ活女子がほとんどだと思いますが、それでも盗撮被害は起こっています。

悪いことを考えるパパの中には、時間をかけて念入りに下準備をする人もいるのです。

 

プライバシーを監視したり、行動をストーカーしたりと盗撮できる機器はどんどん進化しており、その被害は広がるばかりになっています。

 

盗撮の理由:ネット上で拡散するため

 

パパ活で盗撮をする理由は、主にネット上で拡散するためだと考えられます。

パパ活女子は夜のお店などのプロではないため、素人ものアダルト動画などで需要が非常に高いのです。

 

特に年齢が若い女の子は被害に遭いやすく、また無断でネット上に拡散されても自分で気付かないケースも少なくありません。 

顔が写っていない場合は個人を特定できないかもしれませんが、危険なことには変わりないですね。

 

さらに悪質な場合は、パパ活現場を盗撮したデータを使って不正に金銭を儲けようとするパパもいます。

一度ネット上に拡散されてしまった画像や動画は、どこで転載されたり保存されたりしているか分かりません。

 

見つけるたびに削除依頼をしても、自分ではすべてを確認することはほぼ不可能です。

不安を完全に消し去るのは難しいでしょう…。

 

盗撮の理由P活女子の弱みを握って脅すため

 

悪質な盗撮をするパパは、パパ活女子の弱みを握って脅すために盗撮する人もいます。 

お茶や食事だけのパパ活は周りにバレてもあまり影響はありませんが、大人の関係までするパパ活はバレると大変なことになってしまう人も多いですよね。

 

学校や職場、家族などにパパ活がバレると困る人はたくさんいるでしょう。

画像や動画を盗撮し「バラされたくなかったらお金を出せ」「言う通りにしろ」など、信じられない要求を突き付けてくる人は実際にいるのです。 

 

もちろんこれは脅迫罪にあたりますので、バレるとパパが犯罪者として捕まることになります。

しかしパパ活を周りに知られることを恐れて、言われるがままに従ってしまうパパ活女子も多いのだとか。

 

たった一度のパパ活で人生が狂ってしまうこともあると考えると、非常に怖いことですね。

 

パパ活での盗撮はどのように行われる?犯行手口を徹底解説!

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法 

 

ではパパ活での盗撮はどのように行われているのでしょうか。

普通の人には盗撮の方法もよく分からないと思いますが、実態を知らなければ対処の方法も分かりませんよね。

 

ここからは実際にパパ活現場で行われている盗撮の犯行の手口を詳しくお話ししていきます!

 

  • 車内に隠しカメラを設置する
  • パパが先にホテルに入っている場合、部屋に隠しカメラを仕込む
  • 高性能の小型カメラを使用
  • スマホを触るフリをしてこっそり撮ることも

 

手口を知っておくと、被害に遭う確率も減らせますよ。 

 

車内に隠しカメラを設置する

 

パパ活では大人の関係を最後までしない「プチ」などもあります。

このような場合は、パパの車の中で大人の行為をすることも珍しくありません。

 

車を使ってのパパ活デートの場合は、車内に隠しカメラをあらかじめ設置するケースが多いようです。

パパの自分の車なら、隠しカメラなどいくつでも仕掛けることができますね。

 

しかも車内カメラなら音声もバッチリ入ってしまいます。

女の子がパパ活に積極的な会話をしていると「合意の上での行為だった」と後で言い逃れすることも可能です。 

 

最近はカメラも高性能化しており、暗い場所でもはっきり姿を映し出すことができます。

車内なら暗いから顏までは写らないのでは?と考えるのは大きな間違いです。 

 

人目のある場所に停車した車内なら安全だと説得されて「プチ」の大人の行為をする女の子も多いのですが、車内は決して安全ではありません。

 

パパが先にホテルに入っている場合、部屋に隠しカメラを仕込む

 

大人の関係を最後までする場合は基本的にホテルへ移動するか、または直接ホテルで待ち合わせを行います。 

もしパパが先にホテルに入っている場合は、部屋に隠しカメラを仕掛けて待機している可能性も高いのです。

 

見えにくい場所にカメラを仕掛ければ、後で入ってきた女の子に気付かれることなく盗撮できます。

このような場合は安いホテルでも、高級ホテルでも関係ありませんね。

 

「出張中でホテルに泊まっているから」など、パパが先に部屋にいても違和感を抱かないケースは結構あります。

しかし盗撮のリスクを考えるなら、ホテルは同じタイミングで一緒に部屋に入るべきです。

 

またパパの自宅やオフィスなど、パパのテリトリーになる場所にも行かない方がいいですね。

自宅やオフィスは、ホテルよりも本格的な盗撮機器を仕掛けることができるためリスクはさらに高くなります。

 

極端な話ですが、壁や柱の中にカメラを隠されると見つけるのは非常に困難ですし「無理」です。 

パパ活で大人ありのデートをするなら、駅前やカフェでパパと待ち合わせて一緒にホテルの部屋に入るようにして、パパの自宅などは絶対に断るようにしましょう。

 

パパが先にホテルに入る状況を作らないようにしてください。

 

高性能の小型カメラを使用

 

基本的にパパ活の盗撮には、高性能の小型カメラを使用します。

今は驚くほどカメラの性能が上がっており、はっきり言ってどこにでも仕掛けることが可能です。

 

一見するとカメラに見えない商品もあるため、部屋の中に堂々と置いて偽装することもできてしまう時代になっています。 

しかもスマホなどの進化を見ても分かるように、このようなカメラ機器は毎年性能が良くなっていきますね。

 

ということは、どんどん盗撮しやすい商品が出てくるということです。 

残念ながら、パパにその気があれば盗撮は100%防ぐのは難しいかもしれません。

 

しかし素人のパパがちょっとしたノリや遊びで盗撮しているぐらいなら、知識さえあれば阻止することもできるはずです。 

パパ活をするなら今はどんなタイプの隠しカメラが売れているのか、どんな性能があるのかなどネットで調べておくことも大切ですね。

 

スマホを触るフリをしてこっそり撮ることも

 

普通の人にとっては、一番手軽なカメラと言えば「スマホ」でしょう。

スマホのカメラも機種によって性能に差はありますが、最近のものは非常に綺麗に撮ることができます。

 

大人の行為を始める直前にスマホでLINEなどを見るフリをして、こっそり撮影モードを起動して盗撮するパパもいるようです。 

シャッター音を消す方法もあるので、撮影されても気づかない恐れもあります。

 

パパが不自然な位置にスマホを出しっぱなしにしていたり、カメラがベッドの方に向いていたりする場合は注意しなければいけません。 

パパがスマホを触る時は甘えるフリをしながら背後から画面を覗き込み、撮影モードになっていないかよくチェックしてみてください。 

 

また機種によっては撮影中に赤いランプなどが点灯するものもあります。

気をつけて見ていると、スマホを触るパパの不審な動きは必ず分かるはずです。

 

パパ活での盗撮!カメラはどこに仕込まれていることが多い?

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法 

 

パパ活で盗撮される場合は、カメラを仕込む場所はだいたい共通していると言われています。

ざっくり考えると、ベッドが撮影できる位置で女の子が気付きにくい場所ですね。

 

少し距離が離れてもズーム機能があるため、ホテルの室内であれば撮影は可能です。

次のご紹介する怪しそうな場所は、目を凝らして不自然な光が点滅などしていないかチェックしてみる必要があります。

 

  • 一番多いのは鞄の中
  • 物が多いホテルのテーブルも要注意

 

 どう怪しいのか詳しく見ていきましょう!

 

一番多いのは鞄の中

 

盗撮するためのカメラが一番多く仕掛けられているのは、実はパパの鞄の中です。

鞄に細工をして、カメラのレンズだけが外に出るように細工をしている場合もあります。

 

パパと一緒に行動中も、プライバシーがあるため鞄の中まで見せてほしいとは言いづらいですよね。

しかし悪いパパの鞄の中には何が入っているか分かりません。

 

なんだか鞄の中身が怪しいなと思った時は、健気にパパを気遣うフリをしながら「鞄はこっちに置いておくね」などと手渡してもらうように促してみるのもいいかもしれませんね。 

頑なに鞄を渡そうとしない場合は、盗撮や盗聴をしようとしている可能性があります。

 

さらに鞄以外にも、パパの上着や背広のポケットなども注意が必要です。

さりげなく脱いでイスなどに掛けたように見せかけ、実はカメラやスマホでベッド付近を盗聴しているケースも考えられます。

 

同様にパパが身に着けている帽子、靴、ベルト、腕時計などにも小型カメラを仕掛けることは可能です。 

すべてをチェックするのは難しいかもしれませんが、用心に越したことはありません。

 

パパの脱いだ物を丁寧に畳むフリなどをしながら、挙動不審な様子がないかパパの反応もよく観察してみてください。

 

物が多いホテルのテーブルも要注意

 

パパ活デートでパパが先にホテルの部屋に入っている場合は、ホテルにカメラを仕掛けることが多いとお話しましたね。 

ホテルでは小物が多いためチェックすべき場所はたくさんあります。

 

特に、ベッドのすぐ側にあるテーブルの上などは要注意です。

ホテルで大人ありのデートをする場合は、次の場所を重点的に確認してみてください。

 

  • 備え付けの置時計
  • 花瓶やゴミ箱
  • ケトルやコーヒーメーカー
  • テレビ機器の周辺
  • 照明機器
  • 空気清浄機
  • コンセントに見慣れない機器が差し込まれていないか など

 

パパ活の様子を盗撮する場合、ホテルでは上記のような場所にカメラを仕掛けることが多いです。

単純にホテルの備品の裏側に付けたりする場合もありますが、たとえば時計の内側などに仕込まれると見つけ出すのは難しくなります。

 

また最近はコンセントに差し込む小型カメラなどもあり、初めて入るホテルなら備品かパパの私物かよく分からないものも…。 

高性能なカメラは録画中もライトが点滅しなかったり、長時間の連続録画が可能だったり、より隠しやすく進化しています。

 

この点も注意が必要ですね。

 

パパ活で盗撮被害に合わないために気をつけるべきことは?

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法 

 

昔よりもどんどん進化する小型カメラなどにより、パパ活の盗撮被害は増え続けているのが現状です。 

パパ活と言えば以前は望まない大人の関係の強要や、レイプ被害などが主なトラブルだと考えられていました。

 

しかし最近は、パパ活女子とパパの間で合意の下で行われるパパ活も決して安全では無くなっています。 

パパ活で盗撮被害に遭わないためにどんなことに気をつければいいのか、危険なポイントを想像しながら対処法を1つずつ考えていきましょう!

 

  • 日頃から写真撮影させないことを徹底する
  • 信頼できるパパとだけ大人の関係になる
  • できるならパパの個人情報を掴んでおく
  • パパを長時間1人にさせない
  • 盗撮に警戒していることをさり気なく話し釘をさす
  • 大人の関係になる際は部屋を暗くする
  • 盗撮用カメラを発見するための装置で自衛

 

自分の身を守るためにも、ぜひ注意してみてください。

 

日頃から写真撮影させないことを徹底する

 

パパ活で盗撮するパパの中には、悪意はなくただの趣味で行為を盗撮する人も多いと言います。

後で見て楽しみたい、個人的にコレクションしたいという変わり者のパパもいるのです。

 

このようなパパは女の子を傷つけようという目的は無いため、日頃から写真撮影は絶対にイヤだと徹底して伝えておくとかなり効果があります。 

「もし盗撮したら二度とデートしない」「盗撮データを見つけたら絶対に訴える」とキツく言い渡しておくと、普通のパパなら興味はあっても諦めるはずです。

 

遊び慣れているパパは「お手当をプラスするから撮影してもいい?」と堂々と撮影許可をお願いしてくる人もいますが、当然この申し出も断った方がいいでしょう。 

どれだけ個人用で誰にも見せないと言われても、どのようにデータが拡散されるか分かりません。

 

どんなに高額のお手当を提示されても、絶対に撮影を許可しないように注意しましょう。

 撮られてしまったあとは、取り消すのは困難なのです。

 

信頼できるパパとだけ大人の関係になる

 

そもそもパパ活デートでは、よく知らないパパとは大人の関係になるのはおすすめしません。

特に大人の関係は、絶対に信頼できるパパとだけにするべきです。

 

これはパパ活の基本ともいうべき大切なルールですね。 

なぜなら大人の関係は、お茶や食事だけの健全なデートとは比べ物にならないほどリスクが高くなるからです。

 

「大人の関係の何が危ないの?」という初心者のパパ活女子のためにお話ししますが、大人の関係には次のようなリスクが考えられます。

 

  • 避妊をしてくれない(妊娠のリスク)
  • 性病の感染リスク
  • 性病以外の伝染病の感染リスク(コロナなど)
  • 複数の男性によるレイプ被害
  • 誘拐や監禁
  • パパの本気の恋愛感情による痴情のもつれ など

 

パパ活女子にとっては、どれも大きなリスクです。

望まない妊娠は精神的にも肉体的にも傷が深くなりますし、性病やコロナの感染リスクも最近は特に問題になっています。

 

他にも交渉した内容とは異なるプレイの強要、合意のないレイプ被害、誘拐や監禁などの犯罪も実際に起こっているのが現状です。 

信頼できるパパならこれらのリスクはかなり減らすことができますが、それでも危険はゼロにはならないでしょう。

 

中には信頼できるパパだと思っていても、本気の恋愛感情による痴情のもつれで犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

大人ありのパパ活での盗撮被害は、これらの中の1つに過ぎません。

 

もしも巻き込まれてしまったら、失うものが大きすぎますよね。

パ活を安全に続けたいなら、大人ありのデートは特に慎重にパパを選ぶことが何よりも重要なポイントになるでしょう。

 

たとえ周囲のパパ活女子が、初対面で大人ありのデートをして大金を稼いでいたとしても踏みとどまる勇気をもつべきです。

 

できるならパパの個人情報を掴んでおく

 

大人ありのパパ活のリスクを懸念するなら、できる限り相手のパパの個人情報を掴んでおくことも大切です。 

悪いことをするパパは保身のために個人情報を迂闊に漏らさないかもしれませんが、たとえばアプリなどで出会うパパなら顔写真をスクショしておくのも良いかもしれません。

 

もしプライバシーを守るなどの理由でスクショができない場合でも、他のスマホを使って画面の写真を撮っておくことは可能です。 

また身分証を見せてもらったり、名刺をもらったり、スマホの番号やLINEを教えてもらうのもおすすめですね。

 

最も押さえたい情報は、本名と勤め先ですね。

さらにデート中にパパに甘えるフリをして、一緒にツーショット写真を撮るのも良いでしょう。 

 

普通のパパなら意外と気安くOKしてくれますし、絶対にイヤだというパパは逆に「怪しいかも…」と判別できます。

個人情報は万が一トラブルに巻き込まれた時に、相手を特定するために必ず役に立つはずです。

 

大人の関係になる前に、いろいろと工夫してパパの個人情報を集めておきましょう。

 

パパを長時間1人にさせない

 

パパ活のデート中は、パパをなるべく長時間1人にさせないことも大切です。

1人の時間が長くなると、盗撮用のカメラを仕掛けるチャンスを与えてしまうためですね。

 

特にホテルなどに入った時は、同時に部屋に入っても女の子がシャワーなどに入ってる間にカメラを仕掛けるパパもいます。

これを防ぐためには、シャワーやお風呂はパパと一緒に入りパパから目を離さないようにする方がいいでしょう。

 

自分がお手洗いにいくときだけは、パパが1人になってしまうのでなるべく早く出るようにします。

また、部屋に入ったら何がどこに置いてあるか覚えておくことも大切です。

 

大人の時間を始める前に、不自然な位置に動かされていないかも慎重に確認してみてください。

さらに繰り返しになりますが、相手のパパの自宅やオフィスは完全にパパのプライベートな空間になるため絶対に行かない方が安全です。

 

パパの自宅やオフィスには、何台の隠しカメラがどのように仕掛けられているか分かりません。

ホテルを利用するよりもはるかにリスクが上がるため、十分慎重に行動してくださいね。

 

盗撮に警戒していることをさり気なく話し釘をさす

 

盗撮をするパパは女の子が何も知らない、女の子は自分よりも世間知らずだと思い込んでいる人が多いのです。

「無知な女の子を騙して美味しい思いをしたい」と考えるパパもいます。

 

そのため、デートが始まったらすぐに、盗撮を警戒していることをさり気なく話して釘をさしておくのもいいかもしれません。 

「盗撮された子がいるんだって。ひどすぎるよね」「盗撮なんて最低だよね」などと非難してみたり「こんな盗撮の手口があるんだって」と話してみるのもいいでしょう。

 

パパが「この子はよく知ってるな」と思えば、警戒してリスクのある盗撮行為を控えるようになるはずです。 

あらかじめパパの悪い行動を牽制するために、「こちらは何でも知っている」と伝えるのは非常に効果的ですね。

 

そして盗撮が発覚したら絶対に泣き寝入りしない、と強く伝えておくのもおすすめです。

一筋縄ではいかない賢いパパ活女子だというイメージを与えて自衛しましょう。

 

大人の関係になる際は部屋を暗くする

 

大人の関係になる時は、部屋を暗くするのも盗撮被害に遭わないための対策になります。

部屋が暗ければ顏が、はっきり写ってしまうのを防ぐことができますね。

 

ただし最近は暗闇でも撮影できるカメラが増えていますので、暗くすることが100%安心とは言い切れません。

少しでも明かりがあると個人を特定できるレベルまで写ってしまうカメラもありますので、警戒は必要です。

 

パパが明るい場所でイチャイチャしたいと言っても、それは盗撮目的の可能性があります。

少しお手当を増やすと言われても、決して応じないようにしましょう。

 

盗撮用カメラを発見するための装置で自衛

 

さらに盗撮を徹底的に防止したい時は、盗撮用カメラを発見するための特殊な装置を準備して自衛するのもおすすめです。 

大手通販サイトや家電量販店には、いろんな専用の対策装置が販売されています。

 

価格はさまざまですが、5,000~1万円ほどで出せばかなり使えるものが購入できるでしょう。 

また他にも次のような方法で盗撮用カメラを探すこともできます。

 

  1. 部屋を暗くして、小型の懐中電灯やスマホのライトで部屋の中を照らし、レンズが反射しないか確認する
  2. スマホのカメラを起動し、撮影モードにして部屋の中を確認。隠しているカメラがあれば遠赤外線で赤い光が確認できる場合がある
  3. スマホに隠しカメラを発見するためのアプリをインストールして使用する

 

どの方法もパパが見ている前では少し難しいかもしれませんが、パパが目を離した隙などにサッと使ってみてください。 

もしかするとパパが仕掛けたものではない、ホテルなど施設の所有者や前の利用者が仕掛けた盗撮用カメラも見つかるかもしれません。

 

パパ活での盗撮被害発覚!どう対処すればいい?

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法 

 

どれだけ対策をしても完璧に防ぐことが難しいのが盗撮の怖いところです。

悪質なパパの盗撮のテクニックはどんどん進化しています。

 

もしパパ活で盗撮被害に遭っていることが発覚した場合の対処法として、次の3点を確認しておきましょう!

 

  • まずは自分の身を守る
  • 安全が確保できたら警察に届け出る
  • 慰謝料も請求することがおすすめ

 

まずは自分の身を守る

 

盗撮されていることが分かったら、まず自分の身を守ることを最優先にしてください。

パパを刺激すると逆上する恐れもありますので、上手に理由をつけてデートを早めに切り上げた方がいいでしょう。

 

自分が体調が悪いというと「送っていく」となる可能性があるので「家族の急病」などの理由にしておきます。

2人きりで個室や密室にいる場合は、なるべくすぐに人目がある場所に移動するのがおすすめです。

 

パパと行動中は、カメラの位置にも十分注意してください。

 

安全が確保できたら警察に届け出る

 

身の安全が確保できたら、すぐに警察に届け出た方がいいですね。

警察は証拠が無ければ動いてくれないことも多いのです。

 

データ等を消される前に、警察に確認してもらうことが重要でしょう。 

パパと別れる前にトイレなどに行くフリをして、その場で警察を呼んでパパの身柄を確保してもらうのがベストです。

 

警察を呼ぶことがバレると保身を考えるパパは高確率で逃げますので、決して悟られないようにしてくださいね。

 

慰謝料も請求することがおすすめ

 

警察沙汰になると、自分もパパ活で何をしていたかが家族や周りの人にバレてしまう可能性が高いです。

場合によっては、それは絶対に困ると言う人もいるでしょう。

 

そのような場合は、弁護士などを通じて慰謝料を請求するのがおすすめです。

弁護士には守秘義務がありますので、事を荒立てずにパパだけに制裁を加えることができます。

 

無料相談を設けている弁護士事務所もあるので、まずは相談をしてみるのもいいでしょう。

パパ活で盗撮するパパは女の子の「パパ活をしているのはバレたくない」という心理を利用して行動することも多いので、泣き寝入りしては相手の思うツボです。

 

「決して許さない」という強気な態度でいることも非常に重要ですね。 

また、撮影されたデータもしっかり削除することも忘れてはいけません。

 

できれば、弁護士立ち合いの下で目の前でデータを削除させるのがいいかもしれません。 

さらに警察を介入させない場合のパパとのやりとりには注意すべきこともあります。

 

それは盗撮ネタでパパを脅して逆に自分が悪者になってしまうパターンです。 

「盗撮していたことを会社や家族にバラす」と言ってパパに金銭を要求するのは、自分が脅迫者になってしまう恐れがあります。

 

そうなると立場が逆転してしまいますし、焦ったパパからとんでもない仕返しをされる恐れも!

どんなに腹が立っても、パパを脅さないようにしましょう。

 

警察に言わない場合は弁護士に相談するなど、必ず単独行動でパパと交渉しないように気をつけてください。

話し合うときは、第三者を交えるようにしましょう。

 

弁護士に相談した場合は、弁護士の指示に従い勝手な行動をとらないことも大切です。

 

まとめ

パパ活で盗撮される危険があるって本当?手口と被害に合わない方法 

 

今回はパパ活における盗撮リスクや手口、対処法についてご紹介しました。

実際に、パパ活中の盗撮被害は年々増えています。

 

自分の身やプライバシーを守るために、盗撮被害は未然にしっかり防ぐことが大切ですね。 

パパ活の盗撮に関する主なポイントを最後にもう一度一覧で確認しておきましょう。

 

  • パパ活の盗撮の目的はネット拡散、脅し、パパの個人的趣味など
  • 盗撮の手口は小型カメラを部屋や車に仕掛ける方法が多い
  • さり気なくスマホで盗撮しているケースもある
  • 被害に遭わないためには大人の関係は信頼できるパパだけにすること
  • 大人の関係になる前になるべくパパの個人情報を掴んでおくこと
  • 隠しカメラを見つける機器やアプリを使うのもおすすめ
  • 盗撮被害に遭った場合は警察や弁護士に相談すること

 

パパ活で大人ありのデートをする時は必ず信頼できるパパだけにし、デート中は決して気を抜かずにパパの行動を見張っておかなくてはいけません。 

大人ありのパパ活はたくさん稼ぐことはできますが、怖い盗撮被害もあるということをしっかり理解し、十分自衛しながら行動してくださいね!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次