パパ活を初めてするけど怖い!パパ活のリアルと安全にする方法とは?

「パパ活を初めてするけど怖いな…!パパ活で安全に稼ぐためにはどうしたらいいんだろう?」

 

パパ活は普通のアルバイトよりも短い時間でたくさんのお金を稼げる魅力があります。

気軽に始めることができるけど、パパ活の経験がない人からすると「怖い」と感じることも多いのではないでしょうか。

 

  • 知らない男性と2人で会うのってやっぱり怖くない?
  • 実際にパパ活で怖い目に遭った女の子はいないの?
  • 危険な目に遭わずにパパ活をするにはどうすればいいの?

 

などなど、パパ活を始める前になるべく不安を拭い去っておきたいですよね。

そういうわけで今回の記事は、パパ活というクローズドな世界に潜む危険やリスクについてご紹介していきます。

 

さらに、安全にパパ活で稼ぐ方法もご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

目次

パパ活を初めてするけど怖い!きつい?しない方がいい?

 

 

初めてのパパ活となると、おそらくほとんどの女性が怖いと感じるものだと思います。 

以前から知っているパパとデートをするなら別ですが、まったく知らない男性と会うというのはやっぱり不安ですよね。

 

パパ活では最初に良いパパに出会えると「楽しい!」とか「こんなに簡単に稼げるの?」とポジティブになってどんどん乗り気になる人も多いです。

ですがパパ活の普及に伴って、お金持ちだけではなく、あらゆる身分の男性が始めるようになりました。

 

その結果、残念ながらパパ活で出会う男性は「まともな人」ばかりではなくなったんです。

ということで、まずは最近のパパ活事情のリアルについて詳しくご紹介していきます。

 

パパ活ってどんな仕組み?なんでお金がもらえるの?

 

パパ活でどうしてお金がもらえるのか?というパパ活の仕組みはご存知でしょうか。

おそらく世間のイメージのパパ活とは「裕福な年配男性が若い女の子と遊んでお小遣いをあげること」というぐらいの認識だと思います。

 

短時間で、美味しいものを食べて、オシャレなホテルに泊まって、ニコニコ笑っているだけでお金が貰える、というイメージを持っている人も少なくありません。 

確かにこの認識は間違ってはいませんが、このようなケースはかなりの神パパ、紳士パパの場合だけです。

 

毎回こんな楽に稼げるパパとは限りません。 

というのも、多額のお手当を出してくれるパパは濃厚な大人の関係を強要してくる人も多いですし、アブノーマルな嗜好の人も多いからです。

 

お金を受け取るからには、それなりの見返りを求められることになるのが一般的です。 

実際に会うまではどんなパパか分からないため、女性はリスクや危険も伴うことになるということですね。

 

パパ活は違法?パパ活をして逮捕されたりしない?

 

パパ活をするときに一番気になるのはその違法性についてではないでしょうか。

パパ活は世間ではモラル的にあまり良くないイメージがありますが、法的にはアウトなのか正しく理解している人は意外と少ないです。

 

パパ活をすると逮捕されるのではないか?と考える人もいますが、基本的に性的な行為がないお茶や食事などでお金を受け取るのは、法的には何の問題もありません。 

単に、「男女の交際として楽しんでいる」と表現できるため違法になることはないんです。

 

また18歳以上でお互いの合意があれば、大人の関係ありのパパ活をしても逮捕されることはありません。

パパ活で逮捕や補導される危険があるのは、主に次のようなケースに該当する場合です。

 

  • 不特定多数のいる場所で大人の行為に誘う場合
  • 大人の行為を知り合いに斡旋する場合(売春斡旋)
  • 大人の行為をする場所を知り合いに提供する場合(売春斡旋)
  • 18歳未満の女性にお金を渡して性的な行為をする場合(主にパパ)
  • 18歳未満の女性を長時間連れまわす場合(主にパパ)
  • お互いの合意なしに性的な行為が行われた場合

 

女性は18歳以上であれば自己責任のもと、パパと合意の上なら大人の関係をしても逮捕されることはないということです。

ただし、大人の行為(売春行為)を誰かに「斡旋」したりするのは処罰の対象になります。

 

ただし女性が18歳未満の場合は、一切の性的な接触は逮捕や補導に繋がる可能性が高いです。 

パパ活でデートをするときにパパがしつこく年齢を確認してくることがありますが、それは18歳未満の女性と関係を持つことを懸念しているためでしょう。

 

性的な行為を伴うパパ活は逮捕されるからという理由以外でも、さまざまな問題をはらんでいます。

18歳未満の子供は絶対に大人のパパ活をしてはいけません。

 

パパ活って絶対セックスしなくちゃダメ?

 

18歳以上であれば大人の関係を持つこともできるパパ活ですが、もちろん必ずしも肉体関係になる必要があるわけではありません。

基本的にパパ活では健全なデートのみで稼いでいるP活女子もたくさんいます。

 

念の為、健全なデートって何?という人のために簡単にご紹介すると、以下を参考にしてください。

 

  • カフェでお茶を飲みながらパパと話す
  • レストランや居酒屋でパパと食事をする
  • バーなどで一緒にお酒を飲む
  • 一緒に買い物をする
  • カラオケやゴルフなどのレジャーのお供をする

 

これらのデート内容は、手を繋いだりハグをしたり軽いスキンシップはあるかもしれませんが、体の関係にならないケースもたくさんあります。

実際のデートでセックスをするかしないかは、パパとの交渉次第やその場の雰囲気によります。

 

大切なのは自分がどうしたいかということでなので、パパ活では「自分の意思を強く持って行動する」ことが大切だということです。 

 

パパ活でレイプされる危険は?

 

パパ活が初めてのP活女子は、レイプの性被害なども心配だと思います。

自分はセックスまでするつもりがなくても、パパに無理矢理に相手をさせられることはないのでしょうか。

 

このリスクは、はっきり言って可能性はゼロではありません。

パパと密室で2人きりになれば何が起こるかは分かりません。

 

お酒が入る場合はリスクも高まりますし、悪質なパパの場合は最初からそのつもりでデートに応じている場合もあります。 

人目が無い場所でパパに襲われると、おそらく女性の力では抵抗できないでしょう。

 

実際に過去パパ活でレイプされたという被害は報告されていますし、その行為によって望まない妊娠をしてしまったというケースも0ではありません。 

そのため、初めてパパ活で不安が大きいなら、安易に二人きりにならないことも大切です!

 

パパ活でお金がもらえないこともある?

 

さらに、頑張ってパパを楽しませてデートをしても、お金がもらえない悪質な事例もあります。

というのも、パパの中にはいろんな理由をつけてお金を払わない人もいるからです。

 

お金を払わないだけでなく、カフェやレストランの飲食代やレジャー費用、ホテル代を女の子に支払わせようとするパパもいるくらいですから。

このようなパパは「食い逃げ」や「やり逃げ」などと呼ばれており、女の子の被害は後を絶ちません。

 

パパ活でお小遣いを稼ぐはずが、なぜか自分がお金を出してパパとデートすることになってしまうのです。

最悪どころの話ではありませんね。

 

他にもデート直前のドタキャン、高額商品を売りつけられる詐欺、鞄の中の財布を抜き取られるなどの被害もあるようです。 

パパ活では悪いパパもたくさんいるので、良いパパだとしっかり分かるまでは決して油断できません。

 

パパ活を体験した人の意見は?怖い・きついと思っている人も多い?

 

 

パパ活に関するリスクを読んでいると、「パパ活って怖い…」と感じた人も多いのではないでしょうか。 

実際にパパ活をしている現役P活女子は、本音ではパパ活をどう感じているのか気になりますよね。

 

ネット上で検索してみると、「パパ活で〇万円稼いだ!」「太パパにブランドバッグをもらった」などの良い口コミも多いですが。

その一方で、ネガティブな口コミもたくさんあります。 

 

ということで、ここではツイッターにあったP活女子のマイナスな口コミをいくつかご紹介しますね!

 

はじめてp活で怖い思いしたヤバイ雰囲気はたまに感じてたけど…あ。こいつヤバイなって少しでも思ったら切るべきだね。

※引用:Twitter(パパ活 初めて 怖い)

 

10月ぐらいからp活やり初めて怖い思いたくさんしたから情報交換とか出来る子繋がりたい🥺

※引用:Twitter(パパ活 初めて 怖い)

 

P活再開して数ヶ月でかなり失敗したし怖い思いもしてきたからもう大人は定期p以外せんとこ…….後悔先に立たずってやつだな

※引用:Twitter(パパ活 初めて 怖い)

 

p活初めて精神的に落ち込むこと増えたかもしれない、、、もう辞めようかな😭

※引用:Twitter(パパ活 初めて 怖い)

 

お手当=我慢料と思うような人とはp活しては絶対ダメ!我慢してお付き合いを続けると、必ず自分に返ってきてしまい精神的に辛くなってしまうよ😢お手当の金額ではなくて一緒にいて楽しかったり、疲れないような男性を選んでp活をすることが、p活を長く続ける秘訣だと思う✨

※引用:Twitter (パパ活 初めて 怖い)

 

やはり現役のP活女子の中にはパパ活で怖い思いをしている女の子はたくさんいるようです。

はっきり何があったか書いている人は少ないですが、書き方から推測するとおそらくレイプ被害や脅しなどが想像できますね。

 

よく知らないパパと2人きりになるのは相当リスクが高く、最初から人目が無い密室デートは絶対にすべきではないことが分かります。

またパパ活をしていると自尊心が低くなってしまうとも言われますが、精神的にきついと感じる人は少なくありません。

 

パパ活をする目的はお金だという人が大半だと思いますが、少しでも怖さや辛さを感じるならきっぱりやめてしまった方がいいでしょう。 

このような怖い目に遭わないためには、口コミにもあるように、よく知っている定期のパパだけに限定してパパ活をするのも1つの方法です。

 

何度も会っているパパなら大人の関係になっても安心してお付き合いできます。

パパ活では自分を守れるのは自分だけなので、パパ選びは慎重に行うべきですね。

 

決して目先のお手当の良さだけに釣られてはいけません。 

稼ぎたいという焦りの気持ちがある場合は、悪質な地雷パパに引っ掛かりやくなるので特に注意してください。

 

初めてのパパ活が怖い方へ!パパ活の正しい方法とお手当相場

 

 

ここからは、パパ活の正しい始め方、損をしないためのお手当相場などについてご紹介していきます。

パパ活を初めてするときは、きちんとリスク管理を考えて行動することが大切です。

 

そういう意味でも、初めは「怖い」と感じているぐらいがちょうど良いかもしれません。

それでも、一般的な流れや基準の相場を理解しておけば、迷うことなく条件交渉ができるはずなので、ぜひ参考にしてみてください!

 

パパ活のパパの基本的な探し方

 

パパ活でパパを探す方法はいろいろありますが、初心者の場合は「パパ活専用アプリ」などをメインに使っていきます。

また安全にパパを探したいなら、入会審査などがある「高級交際クラブ」などを使うのもおすすめです。

 

■基本的なパパの探し方

  • パパ活専用アプリを使う
  • 出会い系アプリを使う
  • 交際クラブに登録する
  • SNSでパパを募集する

 

この中で一番安全性が高いのは、交際クラブに登録する方法です。

交際クラブは女性も入会審査があるため、パパは身元や年収が詐称することはできず、本物斧ハイクラスな男性しか登録することができません。

 

しかもパパとのマッチングはクラブ側が仲介してくれるため、お手当の不払いやレイプ被害などのトラブルの危険がほとんど無いと言われています。 

パパ活専用アプリや出会い系アプリは、大手で安全性の高いサービスを使えば比較的安全にパパを探すことができるでしょう。

 

登録時に本人確認や年齢確認を徹底しているアプリがおすすめですね。 

ただし、料金設定の安いパパ活アプリや誰でも登録できる出会い系サイトには、あらゆる身分の男性が登録しているため、必ずしも本当のお金持ちではありません。

 

また、ツイッターやインスタグラムを利用する女性も多いですが、SNSでパパを募集するのは、パパ活に慣れているP活女子向けと言えます。

というのも、SNSは誰でも登録できるため、いわゆる地雷パパに繋がりやすく、リスクが高いからです。

 

だからこそ、パパの質を見極められる人でないと苦戦することもあるでしょう。

パパ探しはパパ活をする上で最も大切なポイントになりますので、自分に合った方法を選ぶことが重要です。

 

パパ活のお手当相場は?高すぎても低すぎても注意!

 

パパ活には平均的な相場というものがあります。

お手当は高すぎても怪しいですし、低すぎるのも十分に稼ぐことができないので大変ですよね。

 

パパ活のお手当の相場は都市部と地方、P活女子の容姿や年齢などで少し変わりますが、一般的な相場は次のような金額となっています。

 

  • 顔合わせ(お茶のみ):5,000~1万円
  • 食事まで:2~3万円
  • デート半日(大人の関係なし):2~3万円
  • デート1日(大人の関係あり):3~10万円
  • 月契約(1ヶ月・大人の関係あり):15万円~50万円

 

こちらは首都圏や都市部の平均相場なので、地方に行けば少しずつ低くなっていくと言われています。

首都圏でも一番お手当が高いのは麻布や白金などお金持ちが多いエリアになり、地方の2倍以上のお手当相場になっているようです。

 

さらに交通費をプラスするかはパパとの交渉次第で、場合によってはプレゼントがもらえることもあります。 

金額は一般的な平均なので、これ以上にもらえるケースも多いです。

 

ただしこれ以下になる場合は少し安すぎるかもしれません。

パパとお手当の交渉を始めるときは、最初は上記の金額を提示してみて、そこからお互いの希望を擦り合わせていくのが良いでしょう。

 

パパとの条件交渉のポイント

 

初めての人が陥ってしまいがちなのですが、パパとデートのお手当の条件を交渉するときは、決して自分に不利な条件を我慢して受け入れる必要はありません。 

パパ活は自分の意思が一番重要なので、嫌なことを我慢して続けていると精神的にも辛くなってしまいます。

 

自分にとって有利な条件を引き出すために、以下のポイントを参考に交渉してみてはいかがでしょうか。

 

  • デートで何をするか、どこまでするか
  • 自分の年齢や経験によるプラスのお手当
  • デートでどこへ行くか、遠出をするのか
  • デートの拘束時間
  • デートの集合・解散時間
  • 集合場所までの交通費はどうするのか
  • デート中の飲食費の代金はどちらが負担するか
  • デートのホテル代金はお手当とは別か
  • デートにかかるお金(移動費、レジャー費など)はどうするのか

 

まず大切なのはデートの内容ですね。

大人の関係を持つのかどうかは、デートの前までに絶対に話し合っておくべきです。

 

さらにデートの拘束時間やどこへ行くかなども要チェックですね。

デートの時間が長くて遠出をするならお手当はプラスで払ってもらうべきでしょう。

 

さらにデートにかかる様々なお金はどちらが負担するのかも、しっかりチェックしておいた方がトラブルになりにくいです。 

1回のデートで実際に自分はどれだけのお金を手にすることができるのか、細かな点までよく確認するようにしてください!

 

はじめてパパと会う場合のポイント

 

パパ活初心者の女性が初めてのパパと初めての顔合わせ会うときは緊張するものです。

パパ活で初めての顔合わせをするときに注意しておきたいポイントは次の通りです。

 

  • お手当の金額
  • 初めてのパパとは密室で会わない
  • なるべく人目がある場所やお店で会う
  • 30分~1時間程度の短時間だけにする
  • 時間は午前から昼間で明るい時間帯に解散する
  • 本名や住所などの個人情報は教えない
  • お手当は会ってすぐに受け取る

 

とくに初めてのパパは相手がどんな人か全く分かりません。

メッセージのやり取りの中では良い人に見えても、実際に会ってみたら性格がまるで違うといったケースもあります。

 

なるべく顔合わせでお茶をするときは密室になる場所を避け、できる限り人目の多い場所やお店で会う方が安心です。

また、最初は明るい時間帯に30分程度の短時間だけ会うようにして、個人情報に繋がるようなことは絶対に話さないようにしましょう。

 

他にも、パパの中にはデートに満足できなかったという理由でお手当を払わずに逃げるパパもいます。

対策としては、条件交渉の段階で「先払いで貰いたい」ことをちゃんと伝えておくことです。

 

パパと2度目以降に会う場合のポイント

 

同じパパと2度目以降に会うときは、初回の顔合わせより少し安心感があると思います。

しかし、2度目以降だからといって完全にパパを信用してしまうのは良くありません。

 

2回目には2回目のリスクというものがあるため、ある程度の危機感を持ってパパと会うことが大切です。

ということで、2度目以降に会う場合に注意したい以下のポイントも押さえておきましょう。

 

  • お手当の金額
  • パパの希望によって夜の食事やお酒デートもあり
  • 人目が気になるなら個室もあり
  • デートの拘束時間
  • 事前にできることと、できないことをはっきり伝えておく
  • なるべく今後のデートの頻度や内容について話し合っておく
  • お手当はデートの前に受け取る

 

ちなみに、よく2回目以降のデートでは夜の食事やお酒デートに行くというパターンも多いと多いです。

お店で人目が気になる場合は個室を選ぶこともあるでしょう。

 

ただし、個室や密室でのデートをするようになると、パパも大人のデートを意識するようになっていきます。

そのため、事前に「できること」と「できないこと」をはっきり伝えておくことが大切。

 

そして、お互いに印象が良ければ今後のデートの頻度や内容について話し合っていくという人もいます。

相性の良いパパは少しでも長く関係を続けることが稼ぐ秘訣なので、初回顔合わせよりも気を使うようにすると良いかもしれません。

 

パパと初めて大人の関係になる場合のポイント

 

パパと初めて大人の関係になる場合のポイントもご紹介していきます。

大人の関係は、軽いスキンシップの「プチ」から「最後まで」、内容について特に事前にパパとの話をしておかなくてはいけません。

 

  • お手当の金額
  • どこまでするか
  • 何をするか
  • 会う場所について
  • NGなプレイについて
  • お泊まりをするのか日帰りか
  • デートの拘束時間
  • ホテル代はどうするのか
  • ホテルの予約について

 

大人の関係になるときは、事前に「何をして」、「いくらもらうか」を細かくパパと話し合いましょう。

内容によってお手当の金額は大幅に変わりますし、濃厚な接触の場合はお手当アップを交渉をするといいです。

 

また拘束時間やホテル代なども確認し、納得できなければはっきり断るようにしてください。

また少しでも不安があればデート自体を断り、必要に応じてパパとの連絡も絶った方がいい場合もあります。

 

大人の関係になるパパ活ではレイプ、盗撮、脅しなど怖い被害がたくさん起こっていますので、慎重に行動するようにしてください。

 

パパ活が初めてで怖い!安全にパパ活をするために覚えておくべきこと

 

 

ここからは、安全にパパ活をするために覚えておくべきことをご紹介していきます。

結論から言うと、以下のポイントに押さえることが重要です。

 

  • 個人情報をパパに教えないよう気をつける
  • 本名は何度も会って信頼できるパパだけに教える
  • お手当は、会ってすぐ現金で受け取るようにする
  • 顔合わせから2人きりにならない
  • 過去の危ない事例を確認しておく

 

パパ活初心者であれば、初回から何重にも用心しておくに越したことはありませんよね。

という事で、それぞれのポイントを詳しくみていきましょう!

 

個人情報をパパに教えないよう気をつける

 

個人情報については、パパ活では簡単に個人情報を教えるのは良くありません。

パパ活でいう個人情報とは具体的に、本名、住所、電話番号、勤務先、学校、最寄り駅、最寄りのバス停、よく行くお店、交友関係など。 

 

ストーカー被害や脅しなどのトラブルに遭わないためにも、個人情報は厳重に管理してください。

中には、女性の目を盗んでスマホを開き、個人情報を探ろうとしてくる人もいます。

 

そのため、パパ活のデート中もバッグやスマホは必ず持ち歩いて、席に置きっぱなしにしないように注意してください。

 

本名は何度も会って信頼できるパパだけに教える

 

本名に関しては仲良くなったパパに「教えて欲しい」と言われることも多いです。 

そのような場合では本名を伝えて関係を深めるというケースもありますが、やはり何度も会って信頼できるパパだけに教えるようにしてください。

 

教える場合もフルネームではなく「下の名前だけ」にしておくと安心です。 

なお、パパ活用アプリやSNSのアカウントなどはニックネームで登録するようにしましょう。

 

どんなニックネームが良いかは相手によって異なりますが、全然違う名前を伝えときに変に冷められるくらいなら、本名に近い方が無難です。

例えば、「みほ → しほ」というように一文字だけ変えるのがおすすめ。

 

さらに、自分が似ていると言われる芸能人の名前を借りるという決め方もあります。

もしくは男性に人気な女優さんやアイドルの名前を使うのも良いでしょう。

 

パパとの会話の話題作りにもなるし、相手の好みの女性芸能人だった場合、心理的に好感が上がりやすくなる効果があるのでぜひ試してみてください。

 

お手当は、会ってすぐ現金で受け取るようにする

 

お手当に関しては不払いやデート後の値切りを防ぐために、会ってすぐに現金で受け取ることが大切です。 

交渉の時点で先払いを要求しておき、納得してくれるパパだけとデートをするようにしてください。

 

またデート当日に先払いしてくれないパパは、その場でデートを断って解散してOKです。

きちんと支払うつもりのパパなら先払いを渋ることはないでしょう。

 

  • 「カードしか無くてすぐに渡せない、後で現金を引き出すから!」
  • 「買い物で何か買ってあげるから!」

 

こういったことを言われても、決して応じてはいけません。

そういった事前準備ができていない男性は、長く付き合ってもストレスを感じることも多いので「太パパ」にはなりにくいものです。

 

他にも、食い逃げ、やり逃げ、不払い、値切りなどには十分注意するようにしてくださいね。

 

顔合わせから2人きりにならない

 

初回の顔合わせのポイントでもお話ししましたが、初めてのパパとは絶対に密室や個室で会わないようにしましょう。

これはレイプ被害や暴力被害などを防ぐためです。

 

初めてのパパはどんな人か分からないため、最初から2人きりになるのはかなり危険です。

最初はなるべく人の多い駅や通りに面しているカフェで会うなど、安心して話せるような工夫をしてください。

 

過去の危ない事例を確認しておく

 

パパ活が怖いと感じている人は、過去の危ない事例を確認しておくのも1つの防衛策になります。

どんなリスクや危険が潜んでいるか知っているだけでも、いざというときに少し冷静に対処できるはずです。

 

  • 避妊しないセックスで妊娠してしまった
  • 隠し撮りされて脅された
  • 隠し撮りをネットに勝手に公開された
  • 個人情報を知られてストーカーされた
  • 個人情報を晒された
  • 暴力を振るわれた
  • 誘拐や監禁未遂に遭った

 

上記はすべて実際にパパ活で遭ったトラブルや事件になります。

パパ活は誰でも気軽にできると考えている人もいますが、中には悪いことを考えている人もいるので、相手によって怖い目に遭うことは決して少なくありません。

 

トラブルや事件に巻き込まれないためにも、パパ探しは慎重に行うべきですね。

 

パパ活の怖い部分は事件だけじゃない!価値観の変化にも気をつける

 

 

パパ活で怖いのは妊娠や事件だけではありません。

どういうことかと言うと、パパ活を続けることで「周りに人たちと価値観がズレてくる」という危険性も出てくるんです。

 

パパ活をする上ではトラブルや事件だけでなく、「自身の内面の変化」にも繊細に気づくことが大切。

という事で、パパ活による『価値観の変化』についてさらに詳しくみていきましょう!

 

一般的な女性としての価値観を失わないため、友だちは大切に

 

パパ活をしていると自分が普通の女性であることを忘れて、自尊心が低くなってしまうことがあります。

パパ活で年上の男性ばかり相手にしていると、同年代の価値観も失ってしまいやすいですね。

 

このようなことにならないためにも、友だちは大切にして普通の日常生活もきちんと行った方がいいでしょう。

友だちの存在は自分らしさを失わないためにも非常に重要です。

 

金銭授受のない男性との付き合いが嫌になったら注意!

 

パパ活デートでお手当を受け取るようになると、金銭授受のない男性との付き合いが嫌になることも…。 

「どうしてお金ももらえないのにデートしなくちゃいけないの?」と考えるようになったら要注意です。

 

完全にパパ活の意識にハマっています。 

普通の恋愛や結婚が難しくなってしまうため、違和感を抱くようになったらパパ活はしばらくお休みした方がいいかもしれませんよ。

 

「なぜパパ活するのか」という目的を明確にしておく

 

パパ活は自分の意思で始めることが大切です。

周りの子がしてるから、友だちに勧められたから、という軽い気持ちで手を出すべきではありません。

 

特に大人の関係まで持つ本格的なパパ活の場合は、「自分がなぜパパ活をしているのか」という目的を明確にしておいた方がいいですね。

周りの雰囲気やパパに流されて、将来後悔しないように十分注意してください。

 

目標が達成できたらパパ活をすぐに辞める覚悟を持つ

 

パパ活では主にお金を稼ぐのが目的の女性が多いはずです。

この場合は最初に目標金額を決めておき、達成できたらパパ活をきっぱりやめると決めておくのが良いでしょう。

 

パパ活はダラダラと長く続けるものではありません。

心と体のバランスを健全に保つためにも、目標や期限を決めて短期間で集中して稼ぎ、サクッとやめると言うのが賢い選択と言えます。

 

一般的な貞操観念を忘れない

 

さらにパパ活で大人の関係を持っていると、貞操観念が緩んでしまう恐れがあります。

セックスをするハードルが低くなり、簡単に誰とでも深い関係になってしまう「軽い女性」になってしまうケースも珍しい話ではありません。

 

当然ですがパパ活をしても自分の価値は下がりませんし、一般的な貞操観念は絶対に忘れてはいけません。 

もし自分自身に危うさを感じたときは、今すぐにでもパパ活をやめることも検討してください。

 

女性としての幸せを得るために、この点も特に注意しておきたいポイントですね。

 

金銭感覚を狂わせないよう、派手な生活はしない

 

パパ活では短期間に大金を稼げるため、金銭感覚も狂いやすいです。

10代や20代前半で大金を持てるようになっても、急に生活水準を上げたり、派手な生活に変えることはあまりおすすめできません。

 

必要なら目標のために貯金し、これまでの友だちと同じ感覚で付き合える金銭感覚を維持してください。

一度金銭感覚が狂ってしまうと、派手な生活がやめられずにお金が欲しくてたまらなくなります。

 

若いうちから大金を稼いだ経験がある人ほど、なかなか普通に就職してお金をもらうことにストレスを感じやすくなってしまう人が多いです。

その結果、30代〜40代になったときに「スキルが何もない」状態になるので、就職も難しくなります。

 

その結果、パパ活依存になったり、夜のバイトを初めてしまったりする女性も多いので、十分気をつけてください。

 

アルバイトや昼職も必ず並行して行う

 

金銭感覚や一般的な価値観を失わないためには、パパ活で十分稼いでいてもアルバイトや昼食も並行して続けた方が良いかもしれません。 

普通の人と触れ合う時間を持つことで、パパ活での華やかな時間は特別な時間なのだと自分に言い聞かせることができます。

 

また普通の仕事で生活できるだけの基盤を整えておくことで、いつでもパパ活から卒業できるように準備しておくことも大切ですよ。

 

まとめ

 

 

パパ活は普通のアルバイトよりも短い時間でたくさんのお金を稼げる魅力があります。

その一方で、パパ活を初めてする初心者P活女子にとっては分からないことも多く、怖さを感じている人も多いです。

 

実際に多くの人が懸念している通り、パパ活には危険や怖い話がたくさんありますね。

パパ活で注意すべき点や、安全に関するポイントをおさらいしておきましょう。

 

  • パパ活は18歳以上で合意があれば大人ありでも逮捕されない
  • レイプ、食い逃げ、やり逃げ、値切り、詐欺、不払いなどのトラブルは多い
  • 実際にパパ活で怖い目に遭ったP活女子も少なくない
  • パパ探しは安全性の高いパパ活アプリや交際クラブを利用した方がいい
  • お手当の相場をしっかり覚えて、高すぎ&安すぎには要注意
  • 個人情報の管理、お手当を受け取るタイミング、会う場所などは特に慎重に
  • マイナス面の価値観の変化にも十分注意すること!

 

パパ活は少しでも「イヤだ」、「怖い」、「きつい」と感じたら決して無理をしてはいけません。

パパ活をするときは、前向きな気持ちで安全をしっかり確認した上で納得して行うべきです。

 

初めてパパ活をする人も、すでに慣れているベテランのP活女子も、油断しないでリスクを回避しながらパパ活で稼いでください!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次