パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

「パパ活の年齢差はどれくらいなの?年齢差があるメリットとデメリットも知っておきたいな」

 

パパ活では年齢差のある男性とデートをすることが多いものですが、どれくらいの年齢差なんでしょうか。

親子ほどの年の差になると言われていますが、中には倍以上の年齢差があることもあるため 、年齢さがある場合のメリットやデメリットも気になりますよね。

 

  • そもそもパパの年齢って何歳ぐらいが多いの?
  • 年齢差が大きいと何かメリットやデメリットがあるの?
  • 年齢差があるパパと上手に付き合うコツは? 

 

パパ活をする上で年齢差のあるパパと上手に付き合うためには、ちょっとしたコツが必要ですね。 

そこで今回はリアルなパパ活における年齢差や、年齢差がある場合のメリットとデメリットについてご紹介していきます。

 

またこの記事では30代以上の大人女子のパパ活の実態についても触れていきますので、そちらもぜひ参考にしてください!

 

目次

パパ活の年齢差はどのくらい?パパ活女子は20代が主流って本当?

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

 

まずパパ活は若い女の子と中年男性のイメージですが、実際のメイン層は男女共に何歳なのでしょうか。

パパ活ではどれぐらいの年代の男女が出会っているのかについて次のポイントを見ていきましょう!

 

  • パパ活女子の70%以上が10~20代
  • パパは40歳~50歳がメイン層
  • 半数以上のパパ活女子が20歳以上離れたパパと交際している

 

それぞれ詳しくお話ししていきます。

 

パパ活女子の70%以上が1020

 

現在パパ活をしている女性は、全体の70%以上が10代~20代だと言われています。

パパ活募集の投稿などを見ると、まだ少女にも見える若い女性がたくさんいるのが分かりますね。

 

実はパパ活という言葉が流行する以前から、10代後半から20代の女性が男性とデートをしてお小遣い稼ぎをする姿は珍しいものではありませんでした。

最近はパパ活アプリやSNSの登場で、より年の差のある男女が出会いやすくなっています。

 

普通の学生や会社員の女性が気軽にパパ活をする時代になったのは大きな変化と言えるでしょう。

若い女性の多くは収入も低めなので、お小遣い稼ぎや生活費の足しに、または旅行などのためにパパ活をする人もいるかもしれません。

 

パパは40歳~50歳がメイン層

 

一方でパパ活の男性の年齢は、40代から50代がメイン層だと言われています。

若いパパの中には30代もいますが、いわゆるお金持ちの「太パパ」は40代以上の男性に多いです。

 

40代~50代は子供も独立して家庭生活も落ち着き、刺激を求めてパパ活で女の子を求める人が少なくありません。

また仕事でもキャリアを積んでいるため、若い男性に比べて経済的に豊かで遊ぶ余裕がある人が多いのが特徴ですね。

 

最近の40代~50代の男性は外見に気を使っていて、非常にダンディでオシャレな人も多いのです。

趣味や話題も豊富で、大人の男性としての魅力も持っている人がたくさんいます。

 

気力も十分でまだまだ男性としての勢いを失っていません。

 

半数以上のパパ活女子が20歳以上離れたパパと交際している

 

このようにパパ活では10代後半から20代の女性と、40代・50代以上の男性がデートをする機会が多いのが現状です。

ある調査によると、パパ活女子の半数以上は20歳以上も年の離れたパパと交際しているという結果も出ています。

 

20歳以上も年が離れると、見た目には親子が並んで歩いているようにも見えるでしょう。

また女性が働いている大人女子の場合でも、上司と部下のように見えるという声もありますね。

 

しかし自分の年齢の軽く2倍以上の男性をも虜にしてしまうパパ活女子は、やはりそんな年齢差を上手く利用して賢く稼いでいます。 

パパ活では年齢差があることは必ずしも悪いことばかりではありません。

 

場合によっては大きく稼ぐチャンスになることもあるのです。

 

パパ活でパパと年齢差が大きいメリットは?年齢差のあるパパの魅力!

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

 

では実際にパパ活で相手のパパとの年齢差が大きい場合にどんなメリットがあるのか、詳しく確認していきましょう!

これだけ年齢が違うと会話やデートでもさまざまなメリットとデメリットが生まれますが、2人で過ごすといったいどのような感じになるのでしょうか?

 

実は年齢の高いパパは若い男性にはない、次のような魅力がたくさんあるようです。

 

  • 年齢の高いパパは裕福なのでお手当がいい
  • 年齢差があるパパは落ち着いていて物腰が柔らかい
  • 年齢差のある年上のパパは知的なことが多い
  • セックス慣れしていてテクニックがある
  • 無理なセックスを要求してこないことも多い

 

 それでは、年齢の高いパパの魅力について一つずつみていきましょう。

 

年齢の高いパパは裕福なのでお手当がいい

 

まず年齢の高いパパは、何と言っても高収入で裕福な人が多いのです。

そのためパパ活女子の中には30代などの若いパパよりも、あえて50代以上のパパを狙う女性もいます。

 

パパ活で遊ぶぐらいのパパになると世間では成功している人が多く、会社役員や会社経営者、その他にも投資家や地主など裕福な人がほとんどですね。

よって年齢の高いパパであれば、デートのお手当が相場よりも高くなるケースが多いと言われています。

 

パパ活女子は常に効率的に稼げるパパを探していますので、年齢の高いパパはまさにねらい目と言えるでしょう。 

また年齢の高いパパはお金の使い方にも余裕があります。

 

お手当以外にも高級アクセサリーやブランドバッグなどのプレゼントをくれたり、食事デートでは最高級のお店に連れて行ってくれたりと嬉しいサプライズをしてくれるパパも多いです。

同年代の彼氏とでは味わえない、ラグジュアリーな雰囲気のホテルや豪華な食事、高級車、ハイクラスなブランドアイテムなどは年齢の高い裕福なパパならではの魅力になります。 

 

つまりパパ活女子が40代、50代以上のパパを中心に狙う一番の理由は、裕福な太パパを捕まえるためです。

太パパを複数人ゲットできれば、毎月のお手当の収入もかなり安定するでしょう。

 

年齢差があるパパは落ち着いていて物腰が柔らかい

 

また年齢差があるパパは、やはり落ち着いていて物腰が柔らかい人が多いのもメリットです。

特に親子ほど年齢差のある若い女の子には、絶対的に甘くなるパパがたくさんいます。

 

若い男性は乱暴な言葉遣いや荒々しい態度の人もいますし、自分勝手な行動をする人も割と多いのではないでしょうか。

その点年齢が高くて社会的に成功しているパパは人当たりが良くて優しいですよね。 

 

パパ活女子は10代から20代が多いため、男性に慣れていない女の子も多いはずです。

余裕があって優しい年齢差のあるパパの方が、安心してデートをすることができます。

 

年齢差のある年上のパパは知的なことが多い

 

さらに年齢差のある年上のパパは知的な人が多いのも魅力です。

美味しい料理が食べられるお店や、ちょっとオシャレな隠れ家的なバーを知っていたり、いろんな雑学や知識を持っていたりします。

 

仕事でもたくさんの修羅場をくぐり抜けているはずなので、ビジネスの知識や経験も豊富でうs。

パパ活でデートをしても知らないことをたくさん教えてもらえるため、女性にとっては純粋に「デートが楽しい!」と思えるのも大きなメリットになるでしょう。 

 

またパパの方も自分の知識や経験を若い女の子に教えるのが嬉しいと感じる人は多いため、お互いに心地良い時間を過ごせるのが良いですね。 

女性側が素直に年齢差のあるパパに甘えて尊敬の気持ちを伝えれば長く付き合える太パパになってくれる可能性も十分あります。

 

セックス慣れしていてテクニックがある

 

他にも40代以上の年上の男性はセックス慣れしていて、テクニックがあるのもメリットと言えるかもしれません。 

パパ活デートでガッツリ稼ぎたい場合は大人の関係を持つことも珍しくないですね。

 

稼いでいるパパ活女子は同年代の女性に比べると性的な知識や経験は豊富なので、セックス慣れしているパパに魅力を感じる人も多いはずです。 

最初の目的はお小遣い稼ぎだけのつもりだったのに、気付けばパパに本気恋愛していたというパパ活女子もたくさんいます。

 

このようなパパはいわゆる「ガチ恋パパ」「好きパパ」「ラブパパ」と呼ばれ、両思いになると愛人契約にまで発展するケースも実際にあるようです。

 

無理なセックスを要求してこないことも多い

 

また40代や50代のパパはまだまだ勢力旺盛ですが、それ以上の年配男性になると無理なセックスを要求してこないことも多いです。 

性に対してガツガツしていないため、食事や買い物だけのデートでも快く応じてくれますし、セックスに関しては女性の気持ちを優先的に考えてくれます。

 

パパ活では性的な目で見られることが多いパパ活女子にとって、紳士的な年配のパパは優先的にデートをしたくなるのも分かる気がしますね。 

パパから見ると若い女性は目の保養になりますし、女性からすると本当のパパに甘えているような安らぎを感じることもメリットの1つと言えるでしょう。

 

パパ活でパパと年齢差が大きいデメリットは?年齢差があると厳しい?

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

 

裕福で落ち着きがあり、知的でガツガツしていない年の差のあるパパは非常に魅力的でメリットがたくさんあります。 

しかし、やはり年の差があるとデメリットもいろいろ出てくるようです。

 

パパ活は本人同士の相性も重要ですが、周りからは興味本位な視線を向けられてしまうこともあるため、次のようなデメリットもよく考えておかなくてはいけません。

 

  • 周囲から「パパ活だ」という目で見られる
  • 加齢臭など、生理的に厳しい部分がある
  • ジェネレーションギャップで話が嚙み合わない

 

それぞれのデメリットをくわしく見ていきましょう。

 

周囲から「パパ活だ」という目で見られる

 

年の差のあるパパとのデートでは、周囲の人から明らかに「パパ活だな」という目で見られてしまうことがあります。 

カフェで待ち合わせをして普通に会話をしてもそうですし、隣に並んで歩いているだけで好奇の視線を感じることも多いでしょう。

 

また、若い女性には少し似つかわしくない高級店で食事をするときも同様です。

パパが若々しくても恋人同士には見えませんし、2人の間に流れる空気感から親子にも見えません。

 

つまり「ああ、パパ活中なんだな」とはっきり分かってしまうのがデメリットと言えます。 

他にもホテルのラウンジやバー、温泉、観光地、レジャースポット、ゴルフなどのスポーツ施設など、「パパ活だ」と思われるのはどこへ行っても同じです。

 

誰かに迷惑をかけているわけではないので堂々としていればいいのですが、なかなかそうはいかないでしょう。 

高級店などはお店の店員は慣れているためスマートな対応をしてくれますが、やはりその他の人の視線が気になる人には少し辛いかもしれませんね。

 

加齢臭など、生理的に厳しい部分がある

 

パパ活のデートをするときに年齢差があると、加齢臭などが気になって生理的に厳しいと感じるケースもあります。 

加齢臭の他にもタバコやお酒の匂い、車の匂いなどが若い男性とは違う部分がたくさんありますね。

 

どれほど身だしなみに気を遣っていても、年齢に伴ってどうしても加齢臭は出てくるものなので、避けられないケースもほとんどです。

また見た目が老けているのは当然として、頭髪が薄くなっていたりメタボ体型だったり、女性の好みによってはお近づきになりたくないパパがいるのも事実です。 

 

もし生理的に厳しい部分があるパパの場合は、お手当のためだと割り切っても精神的にストレスを感じてしまうため、対応が素っ気なくなってしまうこともあるでしょう。

パパ活は好みのパパだけを相手にしていては大きく稼ぐことはできませんが、生理的に受け付けられなければストレスが溜まってしまいます。

 

年の差のあるパパは金銭的なメリットが大きいため簡単に切ることもできず、生理的に合わない場合は非常に残念に感じてしまいますね。

 

ジェネレーションギャップで話が嚙み合わない

 

さらに年の差が大きいパパは、ジェネレーションギャップが大きいのもデメリットになるでしょう。

そもそも世代がまったく違うため、話が噛み合わないことも珍しくありません。

 

パパが話す昔のことは若いパパ活女子は知らないことばかりですし、最近の流行や話題になっているものはパパが理解できことも多いです。 

またお互いに世代による考え方の違いで共感できないことも出てきます。

 

同年代と話をするときよりもお互いに気を使わなくてはいけないのも、年齢差のあるパパとのデメリットになってしまうはずです。 

しかし年齢差のあるパパでも、若い女の子とのジェネレーションギャップを楽しめるパパもいます。

 

パパ活女子も会話のテクニックを磨けばパパに楽しんでもらえる時間を提供できるようになりますので、絶対に無理だと諦める必要はありません。 

お手当付きのデートと言っても、大人同士の時間には気遣いや思いやりが必要ということですね。

 

パパ活で年齢差のあるパパと上手に付き合うための方法とは?

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

 

パパ活ではメリットだけでなくデメリットもありますが、このデメリットを少しでも減らす方法はいろいろあります。 

まず重要なのは、2人で一緒にいてもパパ活に見えないようにする方法ですね。

 

そして生理的に受け付けないパパへの上手な対応の仕方、さらにパパに年齢差による違和感を与えないためにはどうすべきか、順番に確認していきましょう!

 

  • マナーや常識、丁寧な言葉遣いを身につける
  • 落ち着いた服装を心掛ける
  • 自分ばかり話さず聞き上手になる
  • セックスでは割り切って嫌がらずパパに尽くす

 

マナーや常識、丁寧な言葉遣いを身につける

 

年齢差のあるパパとデートをするときは、パパの雰囲気に近付けるようにマナーや常識をきちんとわきまえた言動をすることが大切です。 

また道を歩いているときもお店の中でも、意外と周りの人は他人の会話を聞いているため、品の無い話し方なども絶対にやめた方がいいでしょう。

 

年齢差のあるパパとのデートでは、特に次のようなマナーや常識は必須と言えます。

 

  • 店内に響くような大声で話さない
  • がさつで下品な話し方はしない
  • 若者言葉を乱用しない
  • 座るときの足の組み方は上品に
  • 正しい食事のマナーを身につける
  • 自分のお酒の限界を知っておく
  • どんなときもパパよりも前に出しゃばらない
  • 笑い方も上品さを心掛ける

 

これらのマナーや常識、丁寧な言葉遣いはそのときだけ注意しても、つい素が出てしまうものです。

日頃から上品な所作を意識して身につけておくことが重要ですね。

 

落ち着いた服装を心掛ける

 

年齢差のあるパパとのデートで周囲の人に「パパ活だ」と思わせないためには、落ち着いた服装を心掛けることも大切です。 

たとえば、ひと昔前の「援助交際」が主流だった時代には、制服姿で中年男性とデートする女の子が注目されて批判されていた時代もありました。

 

このような明らかに年齢差を感じさせるような服装は、パパ活では絶対に避けた方がいいでしょう。 

また若い女性は肌の露出が多い服を好む場合もありますが、パパの年齢を考慮するなら露出も控えるべきです。

 

他にも流行のファッションはオシャレの一環で取り入れるのも良いですが、奇抜すぎる服装やアクセサリー、メイク、ネイルなどはおすすめできません。 

年齢差のあるパパとのデートでは、清楚で上品な雰囲気が好まれます。

 

キレイめなお嬢様スタイルを意識してみるのもおすすめですよ。

 

自分ばかり話さず聞き上手になる

 

パパ活では自分が楽しむよりも、パパが楽しく過ごすことを優先しなくてはいけません。

年齢差のあるパパは穏やかで優しい人が多いですが、自分が話すことに夢中になってしまうのも注意した方がいいでしょう。

 

女の子が話すのを聞いているのが好きだというパパもいますが、パパにも話をしてもらうように配慮できればパパもさらに楽しんでくれるに違いありません。 

パパの話を上手に聞けるパパ活女子はやはり人気があります。

 

長く関係を続けたいパパに対しては、会話も上手に主導権を握ってもらいましょう。

 

パパの教養を褒める!パパの男のプライドをくすぐる

 

さらに年齢差のあるパパは、物静かなパパでも必ず男としてのプライドがあります。

成功している裕福なパパならプライドの高さは人一倍大きいはずです。

 

このような年配者のパパとデートをするときは、パパの教養を褒めて気持ち良くなってもらうことも大切なポイントになります。

年齢差のあるパパを褒めたいときは、次のようなフレーズを使うのがおすすめです。

 

  • 何でも知っていてすごい!
  • どうして分かるの?
  • 知らなかった!
  • こんなの始めて
  • 男らしくて格好いい
  • 大人っぽくてステキ
  • やっぱりパパは頼りになる
  • パパと一緒にいると安心できる

 

あまり頻繁に同じフレーズを使うとわざとらしく聞こえてしまいますので、ぜひ「ここぞ!」というときにいろんなフレーズを使い分けてみてください。

 

おねだりばかりしない!甘えとわがままを使い分ける

 

年齢差のあるパパは裕福な太パパが多いですよね。

若いパパよりもたくさんお手当やプレゼントをくれるのが大きな魅力です。

 

しかし優しいからといっておねだりばかりしていると、「がめつい子だな」と悪い印象を与えてしまうこともあります。 

太パパは若い女の子と遊び慣れている人が多いため、甘えとわがままの違いはすぐに見分けがついてしまうのです。

 

少し親しくなったからと言って「あれが欲しい」「高いお店へ連れて行って」「お手当を上げてくれないとデートしない」など可愛くないわがままは絶対にNGです。 

せっかく出会えた太パパを逃さないために、甘えとわがままはしっかり区別するようにしましょう。

 

かわいげのある甘え方を研究する

 

年齢差のあるパパにはあまり気を使い過ぎても物足りなさを感じさせてしまうため、バランスが大切です。

わがままではない「かわいげのある甘え方」には、いくつかのポイントがあります。

 

  • パパの予定や都合をしっかり聞く
  • 「パパが良かったら」と前置きしてからおねだりする
  • 短期間に何度も同じおねだりをしない
  • 年齢に不釣り合いなおねだりをしない
  • 他のパパと比較しない
  • きちんとパパにお礼をする

 

まずおねだりをするときは、パパの予定や都合をしっかり聞くことが重要ですね。

またおねだりするときは「もしもパパが良かったら」と一言添えると控えめでとても可愛く見えます。

 

さらにお手当アップのおねだりなどは短期間に何度もするのはおすすめできません。

年齢に不釣り合いな高級ブランド品などを、頻繁にお願いするのも嫌われる原因になってしまうため要注意です。

 

そして実際におねだりするときは、「他のパパはしてくれた」などと言うのは絶対にやめておいた方がいいでしょう。

他の男性と比較されて嬉しいパパはいませんし、擦れた印象になって「かわいげ」がなくなってしまいます。

 

その他のポイントとしては、パパがお願いを聞いてくれたときやお手当をくれたときは、きちんとお礼をすることも大切です。 

「貰って当たり前」という態度では、パパも今後のことを考えるようになってしまいます。

 

何かしてもらうたびに毎回笑顔できちんとお礼を言える女の子は、やっぱり年上のパパから見ると可愛く見えますよ。

「必ずお礼を言う」ことは、パパ活では特に意識しておきたいポイントのひとつですね。

 

セックスでは割り切って嫌がらずパパに尽くす

 

年齢差のあるパパと大人の関係になるときは、加齢臭などいろいろ気になることも出てくるかもしれません。

しかし、セックスではお手当をもらう以上は割り切りも必要です。

 

嫌がらずに積極的にパパに尽くすことで、お気に入りになることができます。 

外見や加齢臭は、パパ本人も気づいていて気にしている人も多いはず。

 

それにもかかわらず、尽くしてくれる女の子はいとおしいと思ってくれますよ。

年齢差があるため女性側のテクニックはそれほどなくても良いでしょう。

 

健気に尽くす姿がパパには可愛く見えますので、楽しい雰囲気を出すことを心掛けてみてください。

 

パパと年齢差の小さい30代・40代がパパ活をするのは厳しい?

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

 

ここまでは10代後半から20代前半の若いパパ活女子に向けてのお話しでしたが、30代・40代の女性の場合はどうでしょうか。 

数は少なくなりますが、30代・40代のパパ活女子も存在します。

 

ここからはパパと年齢差が小さい30代以上のパパ活女子について、次のポイントを見ていきましょう!

 

  • 30代・40代のパパ活女子も実は人気
  • パパを甘えさせてあげることを心掛ける
  • 「話が合う」など年齢が近い利点を活かす

 

30代・40代のパパ活女子も実は人気

 

30代・40代のパパ活女子は年齢を重ねているのでパパ活では不利なイメージですが、実は一部のパパには若い女性よりも人気があります。 

30代・40代はパパの年齢とそれほど変わらないのでデートをしても周囲の人の視線が気にならないのがメリットですね。

 

パパ活は女性としての外見的な魅力があれば、何歳からでも稼ぐことが可能です。

「もう若くないから」と自信をなくす必要はありません。

 

若いパパ活女子にはない落ち着きを見せる

 

30代以上の大人の女性がパパ活をするときは、10代や20代の若い女性にはない落ち着きを見せることが大切です。 

はっきり言ってしまうと、30代以上の女性は若さの点では10代や20代には絶対に敵いません。

 

同じ土俵で勝負をするのは圧倒的に不利になります。 

しかし大人っぽい落ち着きや上品さ、知的な雰囲気、妖艶な魅力を武器にすれば必ず気に入ってくれるパパは現れるでしょう。

 

パパを甘えさせてあげることを心掛ける

 

さらに30代以上の社会経験が豊富な女性の場合は、パパを甘えさせてあげることを心掛けると印象がとてもアップします。

40代以上の男性は、周りに甘えられる女性はなかなかいません。

 

いつも周囲から甘えられる立場なのです。

若いパパ活女子も甘えることはできてもパパを甘えさせることは難しいですよね。 

 

パパの頑張りを認めて甘えさせてあげることで、パパも居心地の良さを感じて特別な存在だと思ってくれるでしょう。

甘えさせてあげられるのは、30代以上のパパ活女子の強みであり特権ですね!

 

「話が合う」など年齢が近い利点を活かす

 

さらにパパとの年齢差があまりないのは他にもメリットがあります。

たとえば「話が合う」というのも年齢が近いパパ活女子ならではの利点と言えますね。

 

同年代なら子供の頃の思い出や、芸能人の話など、何かと会話の共通点が多くなります。

若い子の話についていくのに疲れてしまったパパは、最終的に同年代のパパ活女子に落ち着くことも多いようです。

 

「懐かしい!」という思いにさせてくれる女性は、やはり年齢を重ねたパパにとって魅力的に映ります。

30代・40代の女性はパパとの年齢が近いことを最大限にパパ活に活かしてみてください。

 

まとめ

パパ活の年齢差はどれくらい?年齢差があるメリットとデメリット

 

今回は年齢差のあるパパ活におけるメリットやデメリットなどをご紹介しました。

10代・20代の若いパパ活女子と、40代・50代のパパは意外と相性が良いと言えそうですね!

 

最後に年齢差のあるパパと上手に付き合うコツなどを一覧でもう一度チェックしておきましょう。

 

  • 年齢差のあるパパは裕福でお手当がいいのが最大の魅力
  • 年齢が高いパパは穏やかで知的なパパが多い
  • 年齢が高いパパはセックスに慣れていて安心感がある
  • ただし周囲からは「パパ活だ」という目で見られやすい
  • 加齢臭やジェネレーションギャップのデメリットもある
  • 上手に付き合うためにはマナーや常識、落ち着いた服装を心掛けることが大事
  • パパの癒しになり、プライドをくすぐって賢く甘えるのもポイント
  • 30代以上の大人女子はパパとの年齢が近い利点を最大限に活かすのがおすすめ

 

パパ活では年齢差が大きいパパはたくさんお手当をくれる太パパになる可能性が高く、メリットも非常に多いです。 

しかし一方で年齢によるデメリットもありますので、あらかじめその点についてはよく理解しておく必要がありますね。

 

若いパパ活女子はパパに賢く甘える、30代以上のパパ活女子は同年代である利点を活かしてパパを甘えさせてあげることを意識し、上手に太パパをゲットしましょう!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次